HOME > BOOK >

『浮気な心に終わらない旅を――社会学的思索への誘惑』

中根 光敏 20070401 松籟社,236p.

last update:20110906

このHP経由で購入すると寄付されます

■中根 光敏 20070401 『浮気な心に終わらない旅を――社会学的思索への誘惑』,松籟社,236p. ISBN-10:4879842516 ISBN-13: 978-4879842510 \2100 [amazon][kinokuniya] ※ r05

■内容

内容(「BOOK」データベースより)

ウソと恋愛と性と自由についての浮気な誘い。本書は、著者がこれまで取り組んできた四つの課題―「ウソ」「恋愛」「性の商品化」「自由」―を、社会学的に考察したものである。それぞれをテーマとした四本の独立した章とコラムとで構成されている。

■目次

1 ウソつきは社会の始まり(毎日が四月馬鹿!;ウソの社会学的定義 ほか)
2 恋愛のアウトサイド(恋は落ちるもの;恋愛はするもの ほか)
3 「性の商品化」をめぐるポリティクス(幽冥の人魂;「性の商品化」とは? ほか)
4 自由への賛歌/惨禍(「夢・誇り・自分らしさ」の喪失感;人間的自由に関する社会学的認識の困難性 ほか)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:永橋 徳馬
UP: 20110906 REV:
愛 love/帰属 belonging/承認 recognition, Anerkennung 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)