HOME > BOOK >

『病いと〈つながり〉の場の民族誌』

浮ヶ谷 幸代・井口 高志 編 20070320 明石書店,219p.


このHP経由で購入すると寄付されます
表紙写真から注文していただいても同じです。

『病いと〈つながり〉の場の民族誌』


■浮ヶ谷 幸代・井口 高志 編 20070320 『病いと〈つながり〉の場の民族誌』,明石書店,219p. ISBN-10: 4750325155 ISBN-13: 978-4750325156 2940 [amazon] ※ b m/s01

◆病いによる苦悩を抱える人たちはいかに集うのか? 精神障害者のための社会福祉法人、認知症介護者家族会、1型糖尿病者と家族の会、臓器移植レシピエントの会等の様々な〈つながり〉のあり方を考察し、現代医療が見失っている人と人との関係性や共同性について描く。

◆目次

序章 病いと“つながり”の場―民族誌的研究の方向性
第1章 コミュニケーション不全を介して成立する“つながり”―福祉施設「ユリノキ村」の事例から
第2章 精神障害者の働く場はどのように形成されているのか?―通所授産施設Aの事例から
第3章 介護者家族会における“つながり”―認知症の人の「自己」をめぐるコミュニケーションが提起するもの
第4章 自己注射の経験と“つながり”―1型糖尿病者の事例から
第5章 「他者の場」に集う人たち―糖尿病患者会“Yの会”を例に

まえがき
序章 病いと〈つながり〉の場(浮ヶ谷幸代)
  ――民族誌的研究の方向性
 1 病いをめぐる苦悩の経験
 2 集団をどう捉えるか
 3 〈つながり〉の場研究のためのアプローチ
 4 病いと〈つながり〉の場研究の枠組み
第1章 コミュニケーション不全を介して成立する〈つながり〉(山本直美)
  ――福祉施設「ユリノキ村」の事例から
 1 排除されてきた人びとの居場所としてのユリノキ村
 2 「誰をも排除しない」という方針
 3 「場を共有する」という〈つながり〉のかたち
第2章 精神障害者の働く場はどのように形成されているのか?(間宮郁子)
  ――通所授産施設Aの事例から
 1 「生活のしづらさ」を抱える人びと――「生活モデル」における精神障害者像
 2 精神障害者たちの働く場
 3 「僕らでもやれるというのが一番の想い」
 4 〈つながり〉に支えられて働く場
第3章 介護者家族会における〈つながり〉(井口高志)
  ――認知症の人の「自己」をめぐるコミュニケーションが提起するもの
 1 認知症をめぐる現在
 2 情報・知識の伝達?
 3 リアリティ形成のコミュニケーション
 4 介護者家族会におけるコミュニケーションの実際
 5 解釈活動の意義
第4章 自己注射の経験と〈つながり〉(濱 雄亮)
  ――1型糖尿病者の事例から
 1 フィールドとしての糖尿病
 2 自己注射ができるとき/できないとき
 3 〈つながり〉の中での自己注射
第5章 「他者の場」に集う人たち(浮ヶ谷幸代)
  ――糖尿病患者会〈Yの会〉を例に
 1 「他者の場」としての患者会
 2 「生きられる場」と〈つながり〉
 3 日常生活と接続する「他者の場」
 4 病い、「他者の場」、〈顔〉のみえる関係
第6章 グローバル化の中の移植医療(山崎吾郎)
  ――海外渡航移植者の選択
 1 移植医療をとりまく問題と海外渡航移植の概要
 2 海外渡航移植者が作り出す医療空間
 3 場と問題のねじれ
病いと〈つながり〉の場の民族誌が問いかけるもの――あとがきにかえて

浮ヶ谷幸代[ウキガヤサチヨ]
千葉大学・立教大学ほか(非常勤)、国立歴史民俗博物館共同研究員

井口高志[イグチタカシ]
お茶の水女子大学文教育学部(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


UP:20070517
医療社会学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇テキストデータ入手可能な本  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)