HOME > BOOK >

『エスノメソドロジーの可能性――社会学者の足跡をたどる』

椎野信雄 20070328 春風社,367p. 4,900



このHP経由で購入すると寄付されます

■椎野 信雄 20070328 『エスノメソドロジーの可能性――社会学者の足跡をたどる』,春風社,367p. ISBN:4861101093 4,900 [amazon][kinokuniya]

■目次

はじめに 1

第1部 「知識」観をめぐって 15

 第1章 科学の社会学研究 17
  1 標準的な科学観における二つのアプローチ 17
  2 知識社会学への批判再考 20
  3 「新しい」科学知識の社会学の視野 23
  4 「新しい」社会学とエスノメソドロジーの相違点―命題と実在の関係をめぐって― 27
  5 言説の立場と科学のエスノメソドロジー研究の関係 29

 第2章 科学への社会学アプローチとエスノメソドロジー研究 33
  1 科学社会学の歴史 33
   1-1 初期段階の科学社会学:一九三〇年代 33
   1-2 一九六〇年代におけるマートン派の科学社会学の確立 39
   1-3 一九七〇年代半ばにおける科学知識の社会学の出現 41
   1-4 科学に対する四つの社会学アプローチ 42
  2 科学における実践的行為のエスノメソドロジー研究 46

 第3章 科学的ワークの研究 52
  1 科学的ワークの社会編成の研究 53
  2 発見の諸理論(発見という出来事の説明) 55
  3 発見する科学のワーク 59

 第4章 エスノメソドロジーの科学研究 64
  1 新しい科学社会学とエスノメソドロジー研究 64
  2 ストロング・プログラムの方針 66
  3 経験的相対主義プログラム 73
  4 ラボラトリー研究 75
  5 構築主義的研究の帰結 81
  6 ラトゥールの科学研究 84
  7 エスノメソドロジーのワーク研究としての科学研究 89

第2部 相互行為秩序はいかにして可能か 95

 第5章 社会学の根本問題 97
  1 ジンメルの定式化 97
  2 「社交」の純粋社会学 101
  3 デュルケームの「儀礼」論 103
  4 ゴフマンの相互行為秩序/相互行為儀礼論 105
  5 相互行為秩序はいかにして可能か 110

 第6章 ミードの社会心理学 114
  1 コミュニケーションと自我 115
  2 『I』と『me』 118
  3 他者と自我 122
  4 ミードとロマン主義 125
  5 ミードとフィヒテ 130

 第7章 ジンメルの形式社会学 137
  1 ジンメルの社会学体系 139
  2 ジンメルの「社会」観 144
  3 「社会的なもの」としての(心的)相互作用 152
  4 「社会はいかにして可能であるか」(社会学の根本問題) 158

 第8章 ゴフマンの相互行為秩序論 165
  1 シンボリック・インタラクショニズムの理論的前提 166
  2 シンボリック・インタラクショニズムとゴフマン 169
  3 社会秩序としての対面行為 174
   3-1 社会秩序としての対面的相互行為 174
   3-2 社会学的モデル 176
   3-3 対面的相互行為の秩序の特徴 177
   3-4 自明性としての相互行為の規範 179
   3-5 第一次的な社会秩序としての相互行為 181
  4 「フレームアナリシス」―経験の組織化の試論― 182

 第9章 シクレルのエスノメソドロジー再読 189
  1 シクレルの試み 190
  2 シクレルの社会的相互行為についてのモデル 192
  3 解釈手続き 194
  4 分節化 196
  5 概念間の関係 197
  6 シクレルの理論の評価 198

 第10章 現象学的社会学とエスノメソドロジー 201
  1 ガーフィンケルの勧告:フッサールを「誤読」せよ 201
  2 フッサールの自然科学批判、あるいは科学実践の現象学 203
  3 局所的に編成された活動 205
  4 ポスト現象学の影響下のエスノメソドロジー 208
  5 エスノメソドロジー的無関心 213
  6 プロトエスノメソドロジー 218
  7 プロトエスノメソドロジーを越えて? 220

 第11章 エスノメソドロジー研究の方針と方法 222
  1 エスノメソドロジーの主張 223
  2 社会学研究プログラムの課題 224
   2-1 社会分析のための研究対象の候補(秩序*トピック) 224
   2-2 秩序*現象としての秩序*トピック 225
  3 「分析的」社会学のプログラム 226
  4 エスノメソドロジー研究のコーパス(ラディカルな秩序*現象の集成) 229
  5 伝統的研究とエスノメソドロジー研究のテクノロジー比較対照 234
   5-1 社会分析のための二つのテクノロジー 234
   5-2 伝統的研究のテクノロジー 訳解作業の定理(Rendering Theorem) 235
    5-2-1 記号化されたオブジェクト(signed objects) 236
    5-2-2 伝統的な説明可能性 237
   5-3 代替的なテクノロジーとしてのエスノメソドロジー研究 238
   5-4 二つのテクノロジーとしての伝統的研究とエスノメソドロジー研究の比較対照 239
  6 エスノメソドロジー研究の方針と方法 241
   6-1 エスノメソドロジー方法の独特な適切性=妥当性要件 242
   6-2 「明快な場面」について 243
  7 おわりに 245

第3部 エスノメソドロジー研究入門 251

 第12章 「遺伝子改造社会の論理と倫理」の概念分析 253
  1 金森「倫理学」の問題設定 255
  2 新優生学の問題 257
  3 金森氏の判断 258
  4 新優生学「遺伝子改造論」推進派のリベラリズム―「個人の自由」「自己決定」論の問題点― 260
   4-1 (リバタリアン)池田氏の構造主義生物学(反ネオ・ダーウィニズム)(全体論):反遺伝子決定論(=反原子論)からの意見 260
   4-2 女性の「自己決定権」の論理 262
   4-3 新優生学リベラリズムの大前提 264
  5 遺伝子改良推進論あるいは金森「倫理学」の論理矛盾(概念混乱) 267
  6 おわりに 270

 第13章 統計学入門のエスノメソドロジー研究入門 273
  1 「統計学の練習問題」 274
  2 「統計学の練習問題」のエスノメソドロジー入門 299
  3 社会学的実践のエスノメソドロジー研究のために 301

 第14章 科学的ワークのエスノメソドロジー研究入門 304
  1 エスノメソドロジー的現象としての(科学的)オブジェクト 304
  2 デモンストレーションのための準備 308
  3 ニュートンの光学理論 312
  4 ゲーテのデモンストレーション 316
  5 ニュートンのスペクトルのゲーテによる再特定化 321
  6 おわりに 327

 第15章 会話分析とエスノメソドロジー研究のために 334
  1 エスノメソドロジーと会話分析 334
  2 分析的リサーチ・プログラム(形式的分析)としての会話分析 335
  3 会話分析の専門化(制度化) 339
  4 会話の常用語的カテゴリー 342
  5 ポスト分析的エスノメソドロジーへ 344

参考文献 347

初出一覧 366


*作成:植村 要青木慎太朗
UP: 20070504
TOP HOME (http://www.arsvi.com)