HOME > BOOK >

『アメリカ福祉の民間化』

木下 武徳 20070315 日本経済評論社,250p.

last update:20100709

このHP経由で購入すると寄付されます

■木下 武徳 20070315 『アメリカ福祉の民間化』,日本経済評論社,250p. ISBN-10: 481881850X ISBN-13: 978-4818818507 \3570 [amazon][kinokuniya] ※ 3usa

■内容

◇内容(「BOOK」データベースより)
アメリカ福祉の民間化が飛躍的に発展する契機となった公的扶助改革をとりあげ、政府とNPOとの委託契約による福祉サービス提供の実態と問題点を実証的に分析する。
◇カバーの折り返し
アメリカ福祉の民間化が飛躍的に発展する契機となった公的扶助改
革をとりあげ、政府とNPOとの委託契約による福祉サービス提供の実態と問
題点を実証的に分析する。
◇著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
木下 武徳
北星学園大学社会福祉学部専任講師。1974年京都市生まれ。同志社大学大学院博士後期課程修了。博士(社会福祉学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

図表一覧
略語一覧

序章 本書の課題と問題意識
1.本書の課題
2.本書の構成
3.民間化と委託契約

第T部 福祉改革と委託契約
第1章 1996年福祉改革と委託契約
1.1996年福祉改革
2.民間団体への委託契約の拡大
3.委託契約の実施状況と民間団体への影響
4.福祉改革と民間団体
第2章 チャリタブル・チョイスと委託契約
1.チャリタブル・チョイス導入の背景
2.チャリタブル・チョイスの概要
3.ブッシュ政権による推進策
4.州政府および中間団体による推進状況
5.宗教団体へのインパクト
6.チャリタブル・チョイスの公私関係上の論点
第3章 ウィスコンシン州福祉改革と委託契約
1.ウィスコンシン州福祉改革の背景
2.ウィスコンシン州福祉改革の概要
3.第1期委託契約:営利企業とNPOの参入
4.第2期委託契約:成果指標の導入
5.第3期委託契約:成果指標の増加
6.第4期委託契約:成果指標の削減
7.第5期委託契約:競争入札の再編

第U部 委託契約とNPO
第4章 福祉再編下のNPOの対応と変貌
1.NPOの歴史的変遷:市場モデルへの対応の前提条件
2.NPOの変貌
3.福祉再編下のNPOとその使命
補論 委託契約の形成と発展
1.第一期:民間個人への委託契約
2.第二期:民間団体への補助金の増大
3.第三期:ニューディール期の連邦政府の責任
4.第四期:連邦補助金の増大と委託契約の拡大
5.形成史からみた委託契約の特徴
第5章 市場モデルの委託契約の課題
1.政府のアカウンタビリティ
2.委託契約のコスト
3.民間団体の自律性
4.アカウンタビリティと自律性の関係
終 章 アメリカ福祉国家の委託契約とNPO
1.委託契約とNPO
2.委託契約における実施上の課題
3.日本の民間化の議論への視点:結びにかえて

参考文献
あとがき
初出一覧
索引

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩田 京子
UP: 20100709 REV:
アメリカ合衆国 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)