HOME > BOOK >

『いまを翔けぬけろ――27歳の骨髄移植』

吉沢 翠 20061215 新風舎,163p. 1260


このHP経由で購入すると寄付されます

■吉沢 翠 20061215 『いまを翔けぬけろ――27歳の骨髄移植』,新風舎,163p.
   ISBN:4289011810 ISBN-13: 978-4289011810 1260 [amazon] ※ m32

■内容(「BOOK」データベースより)
ある日、私は骨髄異形成症候群と診断された―。壮絶な入院生活、友だちの死、未来のない恋に苦しみながらも、前向きに強く生きる女性の勇気と感動のリアルメッセージ。

■内容(「MARC」データベースより)
ある日、私は骨髄異形成症候群と診断された-。生きるために受ける決心をした骨髄移植、壮絶な入院生活、友だちの死、未来のない恋に苦しみながらも、前向きに強く生きる女性の勇気と感動のリアルメッセージ。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
吉沢 翠
26歳の夏、骨髄異形成症候群と診断され、治療のため会社を辞める。27歳の秋、骨髄移植を受ける。現在、症状は安定しているものの、治療生活を続けている。
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
 パックワーク 2003−2004
 料理の腕
 心理テスト
 コント
 契り
 秋の底
 オートマティック
 告白録
 そしてわたしは目を閉じほほえむ
 おそろい
 ゴーイング・マイ・ウェイ
 交差点
 バーゲンセール
 遺言状2004
 待合室
 東京タワー
 力
 ルームメイト
 夢のもつれ
 保険外処方
 Girls, Be Ambitious!
 うつくしい週末
 無菌室
 ある朝、奇跡的に
 扉ひらく日
 冬に降り立つ
 頑固職人
 すこやかの夜
 カフェな休日
 妙味
 東京タワーREVENGE
 ワンランク上
 ゆるやかな日々
 駅
 スタートラインへ


■引用
◆あとがき
「病気によって私は、職を失い、恋を失い、母として生きる道を失った。
でもいのちだけは失わなかった。
生き延びた私は今、新しい職を得、恋を得、自分の歩むべき別の道を模索している。
あのとき、すべてを失ったと思ったけれど、今は、得たもののほうが大きいような気がしている。
生きているということは、そういうことなのだ。
いくらだって変わっていける。変えていける。世界観や、過去の意味でさえも。
それがわかっただけでも、闘った意味があると思っている。」(p.171)


UP:20080208 REV:
骨髄移植臓器移植 (organ transplantation)   ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)