HOME > BOOK >

『在日朝鮮・韓国人と日本の精神医療』

黒川 洋治(くろかわ ようじ) 20061210 批評社,177p.

Tweet
last update:20170629

このHP経由で購入すると寄付されます


黒川 洋治 20061210 『在日朝鮮・韓国人と日本の精神医療』,批評社,177p. ISBN-10:482650456X ISBN-13:978-4826504560 1800+ [amazon][kinokuniya] ※ m

■内容

[amazon]より

内容(「BOOK」データベースより)

在日朝鮮・韓国人の発病にいたる過程は、「在日」という「負」の歴史が刻印された 「個」の生活史を抜きには考えられない。精神科医として、自らは末期癌に冒され死と背 中合わせに生きながら、一人ひとりの患者さんを丁寧に診察しつつ、その具体的症例をと おして「在日」外国人の置かれた社会の実相に迫りつつ、精神医療の引き裂かれた現実の 核心に迫る。



著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

黒川/洋治
昭和18年生まれ。昭和43年、群馬大学医学部卒業。厚生連下都賀総合病院(栃木市)、デン バー総合病院・コロラド大学病院で精神科レジデント(研修医)、千葉県精神衛生センター、 東京都立墨東病院、松沢病院(医長)、東京都衛生局精神衛生課長、東武丸山病院副院長、 曽我病院院長、南伊豆病院院長などを経て、現在、国府津病院院長。神奈川県小田原市在 住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

 この本が誕生するまで――少し長いまえがき

第1部 在日朝鮮・韓国人と日本の精神医療
はじめに
T 問題の所在と本論の目的
U 予備的説明と文献的考察
V 症例
W 考察


第2部 精神医療の世界から
T 時の流れ
U DSM‐3の誕生とその影響
V 森山公夫の「統合失調症」
W E.サイードのオリエンタリズム
X ネルソン・マンデラの思想
Y ジョン・ラッセルの「差別の構造」
Z 田中正造の人権思想
[ ハングルを学ぶ
\ 雑誌「精神医療」について
] 精神科専門医制度

 あとがき――ある原風景

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:山口 真紀
UP: 20110407 REV: 20170629(岩ア 弘泰)
精神障害/精神医療 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)