HOME > BOOK >

『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』

鷲田 清一 編 20061129 岩波書店,248p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■鷲田 清一 編 20061129 『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』,岩波書店,248p. ISBN-10: 4000267272 ISBN-13: 978-4000267274 2835 [amazon][kinokuniya] ※

■内容

内容(「MARC」データベースより)
身体の「幻想」が紡ぎ出す生の諸相とは-。「ファンタジー」という視点から、自由と不自由、拘束と解放という両極の間を動いて止まない身体のダイナミズムを、生きられる身体の実相を描き出しながら、明らかにしていく。

 編集にあたって
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:v‐vi
鷲田 清一 20061129 「序論 身体という幻〈ファンタスム〉」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:vii‐xv

I 〈幻〉の表面
◆港 千尋 20061129 「共鳴体――洞窟状意識と建築」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:3‐24
◆斉藤 環 20061129 「多重人格のプロクセミックス」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:25‐52
◆三橋 順子 20061129 「往還するジェンダーと身体――トランスジェンダーを生きる」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:53‐80
◆水越 伸 20061129 「隠喩と素養――メディアと人間の関わり方をめぐる覚書」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:81‐103

II 石内 都・佐々木 幹郎 20061129 「膚をめぐるダイアローグ」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:105‐119

III 〈幻〉の彼方
◆佐々木 正人 20061129 「重力のような――欲望のアフォーダンス」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:123‐146
金 満里 20061129 「舞う身体、這う身体」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:147‐170
◆遠藤 徹 20061129 「「気持ちのいい身体」の行方」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:171‐196
◆篠原 資明 20061129 「まぶさび系感覚論」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:197‐219
◆鷲田 清一 20061129 「〈顔〉、この所有しえないもの」
『夢みる身体――身体をめぐるレッスン1』:221‐248

*作成:北村健太郎
UP:20071231 REV:
身体  ◇テキストデータ入手可能な本  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)