HOME > BOOK >

『医療事故・カルテ開示・患者の権利(第2版)』

患者の権利オンブズマン 編 20061130 明石書店 ,308p.

last update:20120220

このHP経由で購入すると寄付されます

患者の権利オンブズマン 編 20061130 『医療事故・カルテ開示・患者の権利(第2版)』,明石書店,308p. ISBN-10: 475032423X ISBN-13: 978-4750324234 \2625 [amazon][kinokuniya] r06 f02


■内容(「MARC」データベースより)


NPO法人「患者の権利オンブズマン」の研修広報活動の記録から、医療機関等による情報開示・説明の義務を基本として、医療の透明性を高め、医療の信頼を確保するとともに、医療事故の再発防止を図ろうとする方向を示唆する。


■目次>/h2>

第2版刊行に寄せて  池永 満 3

第1章 医療事故防止と安全な医療
1 医療事故被害の救済 鈴木 利廣 12
2 心理学的立場からみた医療事故防止対策の確立  山内 隆久 38
3 医療事故と患者の権利――共同の営みの視点から  池永 満 65

第2章 こうして防ごう医療事故
1 当院における最近一〇年間の医療事故から  下川 浩 84
2 ニアミス・薬剤過誤への取り組み  高木 公子 94
3 転倒による骨折事故0(ゼロ)を目指して  青柳 裕子 101
4 医療事故と患者の苦情から学ぶ  小野富士雄 113

第3章 カルテ開示と信頼の医療
1 インフォームド・コンセントを保障するカルテ開示  徳永三和子 128
2 正確で客観性のある診療録を作成する意義  三宅 裕子 135
3 カルテ開示後の患者さんの変化  内田 由美 144
4 いち患者さん・いちID・いちデータベース  姫野 信吉 151
5 情報開示の推進と透明性の確保  只野寿太郎 164

第4章 個人情報保護法と診療情報
1 医療記録開示の法制化を求める意見書 176
2 個人情報保護法の成立で法的義務となった「カルテ開示」 198
3 オンブズマン会議におけるカルテ開示関連の苦情調査報告書 201

第5章 資料編
1 医療事故防止のための安全管理体制の確立に向けて(提言)〈抜すい〉 国立大学医学部附属病院長会議常置委員会 246
2 診療録記載のガイドライン〈抜すい〉 千葉大学医学部附属病院 282
3 医療記録法要綱案患者の権利法をつくる会 291
4 診療情報の提供等に関する指針〈抜すい〉 厚生労働省医政局 298

あとがき 307


*作成:植村 要
UP:20120220 REV:
患者の権利/インフォームド・コンセント  ◇医療過誤、医療事故、犯罪…  ◇身体×世界:関連書籍 2005-2009  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)