HOME > BOOK >

『検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する――犬山市教育委員会の挑戦』

苅谷 剛彦・山田 哲也・内田 良・藤田 武志・松田 洋介・安藤 理・清水 睦美・堀 健志  20061005 岩波書店,岩波ブックレット,71p.

last update: 20111105

このHP経由で購入すると寄付されます

■苅谷 剛彦・山田 哲也・内田 良・藤田 武志・松田 洋介・安藤 理・清水 睦美・堀 健志  20061005 『検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する――犬山市教育委員会の挑戦』岩波書店,岩波ブックレット,71p.  ISBN-10:4000093851 ISBN-13: 978-4000093859 \504  [amazon][kinokuniya]

■内容

内容(「MARC」データベースより)
教育格差の拡大を食いとめる手だては何か? 改革を推し進める原動力は? 全国に知られる「教育改革の町」、愛知県犬山市の7年間の動きを追いながら、その特徴、成果や課題、今後の展望までを明らかにする。
商品の説明をすべて表示する

■目次

1 犬山の教育改革とシステム評価(犬山の教育改革の軌跡/「学びの学校づくり」)
2 質問紙調査の分析
 「学び合い」の評価が浮かび上がらせたもの
 「学び合い」型授業の効果
 教師たちは改革をどのように受け止めたのか
 保護者は改革をどのように受け止めたのか)
3 評価プロジェクトと教育改革
 教育改革を評価することの意味
 現代の教育改革の潮流と犬山の教育改革)
犬山市の教育が目指すもの
 犬山市長・石田芳弘
 犬山市教育委員会・瀬見井 久
 研究代表 苅谷剛彦

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:八木 慎一
UP: 20111105 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)