HOME > BOOK >

『やさしい看護者の倫理綱領』

東京医科大学看護専門学校 20060910 照林社,37p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■東京医科大学看護専門学校 20060910 『やさしい看護者の倫理綱領』,照林社,37p. ISBN-10:4796521364 ISBN-13:9784796521369 \500 [amazon][kinokuniya] ※ n04

■内容
2003年8月に改定され、15の条文が掲げられた「看護者の倫理綱領」。その内容を身近にとらえ、かかわりが理解できるよう、条文ごとに具体例をあげながら解説する。月刊『プチナース』連載をまとめる。

■目次
総論 「看護者の倫理綱領」ってなぁに?
条文1 看護者は、人間の生命、人間としての尊厳及び権利を尊重する
条文2 看護者は、国籍、人種、民族、宗教、信条、年齢、性別及び性的指向、社会的地位、経済的状態、ライフスタイル、健康問題の性質にかかわらず、対象となる人々に平等に看護を提供する
条文3 看護者は、対象となる人々との間に信頼関係を築き、その信頼関係に基づいて看護を提供する
条文4 看護者は、人々の知る権利及び自己決定の権利を尊重し、その権利を擁護する
条文5 看護者は、守秘義務を遵守し、個人情報の保護に努めるとともに、これを他者と共有する場合は適切な判断のもとに行う
条文6 看護者は、対象となる人々への看護が阻害されているときや危険にさらされているときは、人々を保護し安全を確保する
条文7 看護者は、自己の責任と能力を的確に認識し、実施した看護について個人としての責任をもつ
条文8 看護者は、常に、個人の責任として継続学習による能力の維持・開発に努める
条文9 看護者は、他の看護者及び保健医療福祉関係者とともに協働して看護を提供する
条文10 看護者は、より質の高い看護を行うために、看護実践、看護管理、看護教育、看護研究の望ましい基準を設定し、実施する
条文11 看護者は、研究や実践を通して、専門的知識・技術の創造と開発に努め、看護学の展開に寄与する
条文12 看護者は、より質の高い看護を行うために、看護者自身の健康の保持増進に努める
条文13 看護者は、社会の人々の信頼を得るように、個人としての品行を常に高く維持する
条文14 看護者は、人々がよりよい健康を獲得していくために、環境の問題について社会と責任を共有する
条文15 看護者は、専門職組織を通じて、看護の質を高めるための制度の確立に参画し、よりよい社会づくりに貢献する

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:本岡 大和 
UP:20090503
看護・看護者・看護師(看護婦)  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)