HOME > BOOK >

『医療はどこへ向かうのか――人間にとっての医学の意味を問い直す』

水野 肇 20060731 草思社,214p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■水野 肇 20060731 『医療はどこへ向かうのか――人間にとっての医学の意味を問い直す』,草思社,214p. ISBN-10:4794215126 ISBN-13:978-4794215123 1680 [amazon] be ms b

■内容(「BOOK」データベースより)
臓器移植、人工授精、薬害問題等々、現代医療をめぐるさまざまな問題を、医事評論の第一人者が考察する。医学の進歩が新たな問題を生みだしている現状を指摘する。

■内容(「BOOK」データベースより)
臓器移植、人工授精、薬害問題、ストレスと疾病…医学の進歩はほんとうに人間を幸福にしているのか?医事評論の第一人者が現代医療をめぐる諸問題を考察する。

■目次

序章 医学は人間を幸福にしているか
科学の進歩は人類のプラスになっているのか
ペニシリンではじまった戦後医学の急速な発展
医療技術の目を見張る発達
医学に進歩の裏側にある「影」

第1部 文明のなかの医療と人間
糖尿病の秘密
ストレスが生みだす病
人体のリズムの不思議
伝染病と人類の戦い

第2部 日本の医療行政
健康についての関心と誤解
少子化をどう考えるか
出生をコントロールするということ
心臓移植の本質を考える

第3部 医療の現場で起こっていること
院内感染はなぜ起きるのか
医師づくりの根本的解決策
「名医」はどこにいるか
薬をめぐる、あまりに多くの問題点
「プラセボ現象」の謎

終章 医療はどこへ向かうか

あとがき
参考文献



UP:20080208 REV:20080528 1104 作成:櫻井浩子
生命倫理医療/病・障害と社会医学史・医療史 身体×世界:関連書籍 2005-  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)