HOME > BOOK >

『死と自由――フーコー、ドゥルーズ、そしてバロウズ』

沢野 雅樹 20060623 青土社,257p.

last update:20120403

このHP経由で購入すると寄付されます

■沢野 雅樹 20060623 『死と自由――フーコー、ドゥルーズ、そしてバロウズ』,青土社,257p. ISBN-10:4791758188 ISBN-13:978-4791758180 \2310 [amazon][kinokuniya] ※ l03 d01 fm05

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
人間の地層を離れ、猛獣の死を迎える。現代を代表する哲学者フーコーとドゥルーズの、死にまでいたる足跡をたどり、その思考と営為を“死と自由”の哲学へと凝縮。この哲学をそのままに生き、死んだのが、ビートの怪老人バロウズだった、と喝破しつつ紡ぎだす、目も彩な思想=芸術の織物。

内容(「MARC」データベースより)
現代を代表する哲学者フーコーとドゥルーズの死にまでいたる足跡をたどり、その思考と営為を「死と自由」の哲学へと凝縮。この哲学をそのままに生き、死んだのが、ビートの怪老人バロウズであったことを喝破する。

■目次

T 自由と死――ウィリアム・バロウズによる
 紳士海賊の共和制――バロウズと自由主義
  新たな自由のコロニー
  ノア・ブレークの奸計
  自由意志のコントロール
  なぜ海賊の共和制なのか?
  第二の自由の次元
 屍体ごっこ――自然主義による死の文化の顛倒
  死すべき者の死
  二つの死
  死の自然化
  冥府の心理学
  死と手を切る死

U フーコーとドゥルーズの生と死
 言葉という反‐宇宙が生誕するのと同時に――フーコー’67年の発言から
  構造主義
  考古学とフィクション
  あるものはない
  語るがままにさせること
  狂気
 光の下に差し出された生――二つの死と最後のフーコー
  落差
  空間の皮膚
  情動=触発
  真理/闘う力
 物質の眼差し、世界の欠伸――ドゥルーズ「シネマ」を読む
  砂漠
  宙に浮く眺望
  純粋なヴィジョン
  置き去りにされる男
  世界の欠伸
 最後のレッスン――ドゥルーズにおける野性の死
  自殺は簡単
  フーコーと「小さな死」
  落下する猛獣
  特別な技法
  滑らかな曲線

V 最後のバロウズ
 「死/の写真を撮ってこと」――バロウズとウィルス史観


あとがき
初出一覧

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20120403 REV:
自由・自由主義 リベラリズム ◇死 death/dying ◇Foucault, Michel  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)