HOME > BOOK >

『医者は敵じゃない――女性産婦人科医からのメッセージ』

佐藤 春美 20060511 東京図書出版会,94p.

Tweet
last update:20160730

このHP経由で購入すると寄付されます


■佐藤 春美 20060511 『医者は敵じゃない――女性産婦人科医からのメッセージ』,東京図書出版会,94p.  ISBN-10: 4862230296 ISBN-13: 978-4862230294 952+税  [amazon][kinokuniya] ※

■内容

医師とは、患者の力になれた時に幸せを感じる種族なのだ――。 産婦人科医、患者の両方の立場から、少しでも良い診療が受けられるように、お役に立てればとの深い思いを込めて綴った一冊。

■著者略歴

1950(昭和25)年兵庫県西宮市生まれ。鳥取大学医学部卒業。都内で4年半勤務後、北海道大学医学部付属病院、北海道社会保険病院産婦人科において勤務医として働く。 現在は予防医療業務に携わっている。

■目次

はじめに

1 医師にとって最も嬉しいことは何か――臨床医は単純な生き物である
2 カルテはなくなっても「記憶にございます」――失敗の反省の上に、日々注意を怠りなく
3 医師はオールマイティーではない――人間は不死身ではない
4 医師も人の子である――核になる信頼できる医師を一人探し出そう
5 医師の寿命は延びたり縮んだり――パイロットには負けるけど
6 医師にかかるのも寿命のうちか?――助かるチャンスがあるとしたら
7 仕事と育児と家事の3立――24時間 on call
8 最近の分娩の風潮にひとこと――心電図をつけない手術が希望ですか
9 「女性外来」に感慨深し――女性だから良いとは限らない
10 患者を診察しない医師を御存知ですか――基礎医学の医師は人類を救う
11 自分の子どもが医者になりたいと言ったら――素晴らしい仕事ではあるけれど
12 最初は皆新米、患者さんありがとう――医師は患者に育てられる

おわりに

■関連書籍

◆岡井 崇 20070425 『ノーフォールト』,早川書房,436p.  単行本 ISBN-10: 4152088087 ISBN-13: 978-4152088086 1600+税  [amazon][kinokuniya] ※  → 文庫(上)ISBN-10: 4150309655 ISBN-13: 978-4150309657 648  [amazon][kinokuniya]  文庫(下)ISBN-10: 4150309663 ISBN-13: 978-4150309664 648  [amazon][kinokuniya]

■引用

■書評・紹介・言及



*作成:北村 健太郎
UP:20160730 REV:
インフォームド・コンセント  ◇患者の権利  ◇医療情報・医療記録・カルテ・レセプト開示  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)