HOME > BOOK >

『地球情報社会と社会運動――同時代のリフレクシブ・ソシオロジー』

新原 道信・奥山 真知・伊藤 守 20060408 ハーベスト社,435p.

Tweet
last update:20151118

このHP経由で購入すると寄付されます


■新原 道信・奥山 真知・伊藤 守 20060408 『地球情報社会と社会運動――同時代のリフレクシブ・ソシオロジー』,ハーベスト社,435p. ISBN-10:4938551853 ISBN-13:978-4938551858 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ s

■内容



■目次

序論 同時代へのリフレクション……新原道信
T部 同時代のリフレクシブ・ソシオロジー
 1 社会学的想像力再考――「不調和によるパースペクティブ」という観点から……伊奈正人
 2 「代表的」民主主義の行方――1990年代以降の米国における議論を中心に――……小山花子
 3 世界を救おうとすること――ミルズの知的職人論とパースのアブダクション論――……中村好孝
 コラム: 安楽の全体主義の「後」のマインドスケープ……伊藤守

U部 社会学思想のブリコラージュ
 4 社会とその外部――社会的生の意味――……菊谷和宏
 5 P. A. ソローキンの戦争社会学――利他主義による対立物の一致――……吉野浩司
 6 ノルベルト・エリアスの歴史社会学的再帰性――〈参加・距離化〉とフィギュレーション――……大原あゆみ
 コラム: 大学における社会学の実践……井上孝夫
      トランスフォーマティブな知識と改革としての教育……恒吉僚子

V部 現実分析の対位法
 7 「労働の未来」と労働研究の課題――市場原理主義へのオルタナティヴに関する一試論――……大重光太郎
 8 全自の賃金原則と日産労組の賃金四原則――企業社会的秩序への転換とオルタナティヴ――……吉田誠
 9 市民派議員: 「新しい政治」の萌芽か、「革新」の代替物か……市川虎彦
 10 電子ネットワークと社会運動――Women's Online Mediaの10年から考える――……高橋準
 コラム: WNUSP(世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク)と「国連障害者の権利条約」――国際的精神障害者当事者運動の課題……安原荘一
     「人間的」な働き方を考える

W部 地球情報社会のインスペクション
 11 テクノロジー、行為、日常生活――情報社会におけるコミュニケーション的行為の内的編成――……伊藤守
 12 地域情報の歪みとナショナリズム――厚狭の寝太郎伝説をめぐって――……井上孝夫
 13 日本における世論調査の確立過程――GHQ世論・社会調査課のレポートを中心に――……井川充雄
 14 情報化時代の社会主義中国――科学技術とテクノラシー――……野村弘美
 コラム: 今、高校英語教育の危機!……若林さわ

X部 社会にうめこまれた知識人と社会運動
 15 P. ブルデューのネオ・リベラリズム批判と社会運動論――トランスナショナルな社会国家の可能性――……小澤浩明
 16 情報時代の社会運動研究の新しい課題――カステル理論とメルッチ理論の相補性について――長谷川啓介
 17 「私だけの部屋」の創出――生活記録運動「生活をつづる会」の試みをてがかりに――……山田佳苗
 18 現在を生きる知識人と未発の社会運動――県営団地の「総代」「世間師」そして"移動民"をめぐって――……新原道信
 コラム: テロと知識人――9.11直後のニューヨーク知識人コミュニティの目撃者として――……小山花子
      津田塾時代の矢澤修次郎先生……横田=カーター啓子
     「変革するために見るということ」……奥山眞知

結び 身体化された社会学のために――大学と都市空間の知識化にむけて――矢澤修次郎
   (聴き手:新原道信、奥山眞知、中村寛、山田佳苗、鈴木鉄忠)
   矢澤修次郎先生の年譜と著作目録
   あとがき……新原道信

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:奥坊 由起子
UP:20151118 REV:
社会学 sociology  身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)