HOME > BOOK >

『カネミ油症 過去・現在・未来』

カネミ油症被害者支援センター編著 20060425 緑風出版、170p. ISBN: 486106071

Tweet
last update: 20151030

このHP経由で購入すると寄付されます

■カネミ油症被害者支援センター編著 20060425 『カネミ油症 過去・現在・未来』,緑風出版,170p. ISBN: 486106071 [amazon] ※

■内容紹介


■目次

第1章 カネミ油症事件とはどんな事件か
38年前に起こった日本最大級の食品公害事件
1968年に何が起こったのか・10/米ぬか油中毒事件がついに大々的に報道された・11/なぜダイオキシンやPCBが米ぬか油に混入したのか・12/混入原因としての@ピンホール説」と「工事ミス説」・14
ダーク油事件と油症事件の関連
ニワトリ大量斃死事件・18/なぜ、ダーク油事件と油症事件をリンクして考えなかったのか・18
13%しか認定されなかった「認定制度」の不備
裁判をめぐる問題とカネミ油症事件
はじめは国にも勝訴したが、やがて逆転敗訴へ・24/最高裁判決(国の責任否定)を出させないために訴訟取り下げ・26
「解決したはず」の仮払金返還問題の苦しみ
国は強制取立てはしない、と踏んだ弁護団の判断ミス・27/悲劇は訴訟取り下げ後10年経って来た・28
カネミ油症被害者支援センターの取り組み

第2章 カネミ油症被害者支援センター (YSC)の取り組み
前史
YSCが取り組んできたこと
聞き取り調査から見えた被害者の病状
カネミ油症と人権問題
差別と生活苦・40/未認定者の人権問題・41/仮払金返還請求という人権侵害・42
取り組みの中で見えてきたもの
カネミ油症問題解決のためのYSC提言
1カネミ油症被害者救済のため、「カネミ油症被害者救済特別措置法(仮称)」の立法化を目指す・46/2仮払金返還問題を早期に解決すること・46/3認定制度の抜本的見直しと、すべての油症被害者の救済を目指す・46/4被害者が安心して治療を受けることができる医療制度の確立・47/5被害者の生活支援制度の確立・47/6治療法確立のための抜本的研究体制づくり・47/7国とカネカの説明明確化と予防原則の確立・47/8市民団体(NGO)との協力関係構築・48

第3章 弁護士から見た「カネミ油症事件」の問題点と解決の方法 保田 行雄
カネミ油症事件に対する人権救済申立書
第1申立の趣旨
第2申立の理由
第3人権侵害の具体的内容
第4必要な措置
第5日弁連の責務と日弁連への期待
第6補足
1カネミ油症事件とは・56/2カネミ油症患者の人権侵害の現状・57/3カネミ油症患者に対する国の対策の現状・59/4総合的な救済制度の必要性・60

第4章 意志から見たカネミ油症被害者の健康被害と克服への道
前文
第1厄介で便利なもの有機塩素系化合物質
1有機化合物の合成・66/2有機塩素系化合物は毒ガスからはじまった・66/3こんな便利なものはない?PCB・68/4大量生産、大量消費のつけ・70
第2カネミ油症事件の経過
1ダーク油事件;カネミ油症事件は予見できなかったのか・71/2油症発覚;食品衛生法違反では?・73/3病因物質の追求・74
第3カネミ油症の臨床症状
1油症以前に分かっていた症状は職業病・75/2初期の臨床症状(倉恒による)・76/3台湾油症・79/4追跡調査(五島の患者たち)で分かったこと、生活の場で診る・80/5小児性・胎児性油症および次々世代に及ぼす影響・84/6ジェンダーからみた被害に実態・87
第4カネミ油症の診断
1「油症」診断基準と油症患者の暫定的治療指針(1969年)・88/21972(昭和)年10月26日改訂版・89/31979(昭和51)年6月14日補遺と1981(昭和56)年6月16日追加・90/4新たなPCDF値を加えた基準改訂(2004年9月29日)・90/5診断基準の問題点・91/6韓国・アメリカにおける枯葉剤後遺症の診断・92
第5カネミ油症事件の責任
1三つの責任・93/2企業責任:食品を扱う企業の注意義務、安全性確認義務・94/3鎮火の責任:製造物責任・94/4行政責任、行政は何のためにあるのか・95/5弁護団の責任、仮払い金を返せ・98
第6カネミ油症事件は史上最大の人権侵害
第7提言
引用文献・102

第5章 疫学者から見た「カネミ認定」の誤りとあるべき姿 津田 敏秀
カネミ油症における食品衛生に関する問題について
 1カネミ油症事件の特質・106/2初期対応の誤り・107/3油症研究班と「診断基準」の問題点・107/4未認定中毒患者はどう救済すべきか・115/5その他・110/参考文献・111
食品衛生法旧法(抄)
 第八章雑則(抄)・111/附則(抄)・112
カネミ油症事件における食品衛生行政に関する意見書
 はじめに・119/医師の届け出について・120/食中毒事件としての対策について・122/食中毒事件における調査と報告書について・124/おわりに・127/参考文献・127

第6章 YSC調査活動の資料
女性調査
はじめに・130/中間報告(第1次調査集計)2003年2月・130/第2時女性被害者調査報告(2005年末)・140
男性被害者調査
中間報告より・142/205年末 調査集計・144
次世代影響―PCB・ダイオキシン被害は次世代まで
はじめに・145/調査のまとめ方・146/カネミ1世・146/カネミ1世から2世の誕生・147/カネミ2世・147/2世調査結果から気付いたこと・149/まとめ・149
骨と歯の健康調査から
聞き取り調査による症状・153
ケース・スタディ―家族票から見えてくる油症被害の実態
台湾被害者
台湾油症被害者との交流・166/女性被害者調査結果・166/男性被害者調査結果・168

あとがき

UP:20080326 REV: 20151030
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)