HOME > BOOK >

『「あたりまえ」を疑う社会学――質的調査のセンス』

好井 裕明 20060216 光文社,光文社新書,254p. ISBN: 4334033431 777

このHP経由で購入すると寄付されます

好井 裕明 20060216 『「あたりまえ」を疑う社会学――質的調査のセンス』,光文社,光文社新書,254p. ISBN: 4334033431 777 [kinokuniya][amazon] ※,

■内容

◇出版社/著者からの内容紹介
 数字データでは語れないさまざまな現実を、いかに取り出すか
 本書は、社会学における社会調査、特に質的なフィールドワークをめぐるものである。ただ、社会調査論の教科書などに見られるような、技法や方法論、倫理などを一般的に説明するものではない。
 これまでの私自身の質的なフィールドワークの経験や、多くの優れた調査結果を語る作品を読んだ印象や思いを中心に、「世の中を質的に調べる」うえで、基本であり大切だと考えるセンスについて、好きに語ったものである。(「はじめに」より)

◇「BOOK」データベースより
数字データでは語れないさまざまな現実を、いかに取り出すか。

■目次

第1章 数字でどこまで語れるか
第2章 はいりこむ
第3章 あるものになる
第4章 聞き取る
第5章 語りだす
第6章 「あたりまえ」を疑う
第7章 「普通であること」に居直らない


第5章 語りだす
 ゲイスタディーズ――「語りだす」意義 164
 法廷闘争 165 →府中青年の家事件

第6章 「あたりまえ」を疑う
 「グラウンディッド・セオリーという方法的要請
 […]ただ、このアプローチを厳格に使用したと主張する論文を読むと、多くの場合、端的につまらないと感じてしまう。」(p.192)

第7章 「普通であること」に居直らない
 「フォビアは感情に由来するものなのか」(p.224)
 石井政之『肉体不平等』(p.230)


UP:20060224 REV:0302
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)