HOME > BOOK

『医療的ケア――あゆみといま、そして未来へ』


大阪養護教育と医療研究会 編 20060225 クリエイツかもがわ,228p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■大阪養護教育と医療研究会 編 20060225 『医療的ケア――あゆみといま、そして未来へ』,クリエイツかもがわ,228p. ISBN-10:4902244527 ISBN-13:978-4902244526 \2200+tax [amazon] [kinokuniya] ※ a02m.

■内容
「BOOK」データベースより
実践を通じて学校生活、訪問教育、看護師との協働、医師から「医療的ケア」のあり方、問題点、今後の課題を明らかにする。理学療法士・呼吸の援助方法、言語聴覚士・摂食指導を掲載。

「MARC」データベースより
障害の重い子どもに対する「医療的ケア」の実際と教育的意味を考える一冊。学校生活や訪問教育、看護師との協働、医療と専門職種・福祉との連携、さらには問題点や今後の課題まで、さまざまな人たちからの事例や意見を掲載。


■目次

はじめに

第1章 障害の重い子どもへの「医療的ケア」と教育

1.医療的ケアを必要とする生徒の学校生活における配慮
  ―吸引を必要とする生徒の事例を通して
 1 生徒の様子
 2 学校生活における一日の流れ
 3 各時間の様子
 4 一人ひとりを見ながら
 5 看護師との連携のなかで

2.訪問教育と医療的ケア
 1「おじゃましま〜す」が授業のはじまり
 2 からだを動かそう
 3 自信につながる宿泊行事
 4 無理は禁物
 5 訪問教育の医療的ケア
 6 子どもと教師の一対一の時間の意味

3.「愛さん、緊張せんといて」
  ―気管切開をしている愛さんへの取り組み
 1 愛さんの医療的ケアの実際
 2 三年生になってから
 3 学習の保障……一日の流れ
 4 今後に向けて

4.教員と看護師の協働のあり方を探る
T 事例
 1 小学部からの事例
 2 高等部からの事例
U 医療的ケアの今日の流れ
  ―交野養護学校校医講演から
 1 教育的意義
 2 医療的意義
 3 福祉的意義
 4 学校における体制の整備
 ●コラム
  親と一緒に考えてほしい医療的ケアの制約
  学校がひきだす「生きる力」
  学校と保護者の情報を共有・活用してほしい
  医療的ケアの必要な子も通学バスにひとりで
   安全に乗れるように
  いま必要としていること

第2章 歴史的あゆみから―過去、現在、そして未来
1.医療的ケア断章―私史的観点から
 1 文部科学省の通達を受けて二つの思い
 2「医療的ケア」という用語
 3 原点に戻って「医療的ケア」を考える
 4 教育・医療・福祉の鼎立へ

2.肢体不自由教育のあゆみ―重度重複障害教育小史
 1 不安、戸惑いから肢体不自由教育の創造へ
 2 日常性からの飛躍
 3 医療と教育との遭遇
 4 戦後重度重複障害教育のさきがけ
 5 戦後大阪肢体不自由教育小史
 6 現実的対応としての医療的ケアのはじまり
 7 期待したい

3.養護教諭と医療的ケア
 1 医療的ケアについて
 2 養護教諭の役割
 3 看護師との連携
 4 教職員との連携
 5 保護者との連携
 6 主治医との連携
 7 校医との連携
 8 医療福祉関連機関との連携
 9 医療的ケアにおける養護教諭の成果と課題
 10 大阪養護教育と医療研究会とともに
 資料 肢体不自由養護学校の養護教諭がたどった道

4.学校における看護師配置と医療的ケア
 1 医療的ケアに関わる主な出来事
 2 医療的ケアに関する外国の判例
 3 大阪府における活動
 4 厚生労働省の通達と三行為
 5 養護学校における看護師配置と医療的ケア
 6 医療的ケアの今後の課題
 7「Total Caring Society」へ
 ●コラム
  医療的ケアを必要とする子どもたちと教育を考える
   ―一九九五年度から振り返って…そしてこれから
  医療的ケアとの出会い

第3章 医療・福祉との連携
1.呼吸機能に障碍をもつ子どもたちに対する援助方法
 1 療育に必要な三要素―理念・目標・技術
 2 呼吸機能の解剖
 3 呼吸―運動機能の正常発達
 4 呼吸介助の実際
 5 ポジショニングの実際
 6 呼吸介助の機器
 7 声なきメッセージと語り合う

2.重い障害をもつ子どもたちへの関わり
  ―校医の立場から
 1 いろいろな子どもたち
 2 いろいろな保護者
 3 いろいろな先生たち
 4 いろいろな校長先生
 5 医療的ケアと看護師配置
 6 養護教諭のみなさんへ
 7 これからの障害児療育に期待すること

3.重度障害をもつ子どもに対する摂食指導
 1 食べることの意義
 2 咀嚼と嚥下の仕組み
 3「食べる」ことの難しさ
 4 食事援助の実際

4.通所更生施設(卒業後)の取り組み
 1 当施設の紹介
 2 知的通所更生施設(日中)での取り組み
 3 開所後五年を経過して
 4 今後に向けて
 5 ゆたかな笑顔を
 ●コラム
  小児科医が知りたい「医療的ケア」の意味
  医療的ケアを振り返って
  府下養護学校での医療的ケアとのつながりと提言

資料編
 大阪の肢体不自由養護学校における医療的ケアの実態
  ―アンケート調査から
 これまでの活動


■書評・紹介

◇ 出版社HP http://www.creates-k.co.jp/books/52_7.htm

◇ 医療的ケアが必要な子どもと学校教育
 http://homepage3.nifty.com/kazu-page/book/book-osakamc.htm

■言及


*作成:渡辺 克典 
UP:20120112 REV:
医療的ケア  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)