HOME > BOOK >

『壊れる男たち――セクハラはなぜ繰り返されるのか』

金子 雅臣 20060221 岩波書店,岩波新書,225p.

last update: 20111106

このHP経由で購入すると寄付されます

■金子 雅臣 20060221 『壊れる男たち――セクハラはなぜ繰り返されるのか』,岩波書店,岩波新書,225p.  ISBN-10:4004309964 ISBN-13: 978-4004309963 \777  [amazon][kinokuniya]

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
「合意だったはず」「自然のなりゆきで」―告発されて「加害者」となった男性たちは、事態を理解できず、相変わらずの言い訳を口にすると茫然と立ち尽くす。彼らはなぜ自らの加害性に無自覚なのだろうか。相談現場で接した多くの当事者の声を通して、「セクハラをする男たち」の意識のありようを探るノンフィクション。
内容(「MARC」データベースより)
男たちはなぜセクハラを繰り返すのか。告発されて「加害者」となった男性たちは、なぜ自らの加害性に無自覚なのだろうか。相談現場で接した多くの当事者の声を通して「セクハラをする男たち」の意識のありようを探る。

■目次

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:八木 慎一
UP: 20111106 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)