HOME > BOOK >

『山谷でホスピスやってます。――「きぼうのいえ」、涙と笑いの8年間』

山本 雅基 20060000 = 20100120 実業之日本社(じっぴコンパクト新書),239p.

last update:20120418

このHP経由で購入すると寄付されます

■山本 雅基 20060000 『山谷でホスピス始めました』実業之日本社  = 20100120 『山谷でホスピスやってます。――「きぼうのいえ」、涙と笑いの8年間』,実業之日本社(じっぴコンパクト新書),239p.  ISBN-10: 4408108332 ISBN-13: 978-4408108339 \762+税  [amazon][kinokuniya]

■内容

東京・山谷のドヤ街に立ち上げた在宅型のホスピス「きぼうのいえ」。金なし、コネなし、経験なし。あるのは行き場をなくし、希望を失いかけている人たちに、 人生最後のひかりを見出してほしいという情熱だけ。その情熱が、いつしか周囲の人々を動かし、大きな輪になっていった……。生きることと看取り、祈りと希望…。 庶民が建てた庶民のためのホスピス長屋の無謀な試みが、周囲の人を巻き込み、いつか大きな輪になった。奮闘、ふれあい、気づき。ホスピス施設長が生き生きと語る、 涙と笑いの8年間。話題の映画「おとうと」のモデルとなった実在のホスピスの物語! 序文・山田洋次監督。
※本書は2006年に小社より刊行された『山谷でホスピス始めました。』(山本雅基・著)を加筆・再編集のうえ改題し新たに刊行するものです。

映画「おとうと」 http://www.ototo-movie.jp/ 監督:山田洋次 主演:吉永小百合・笑福亭鶴瓶ほか。 2010年1月30日全国ロードショー。

■目次

「きぼうのいえ」という希望

プロローグ きぼうのいえを建てた街――山谷

第一章 きぼうのいえの無謀な毎日
きぼうのいえの一日
「ホームレス」より困っているひと
田代さんの路上デビュー
ホスピスケアは借金の棒引きから
きぼうのいえ組の出陣式
七夕の願い
売れっ子芸者のふたつの顔
介護の限界

第二章 ぼくがきぼうのいえを建てるまで
日航機墜落事故の決意
ぼくの生きる道は?
うつ病に倒れる
美恵さんとの出会い
運営の青写真
ラブホテルでホスピス
新婚旅行は山谷
正念場
「きぼうのいえ」と命名

第三章 とうとうオープン
「おじさん、お風呂に入りませんか?」
「じゃあ墨田区に建ててよ!」
入居者が押し寄せる
不眠不休の一週間
うつ病再発
きぼうのいえ版七人の侍

第四章 看取りのとき
はじめての看取り 松本一茂さん(享年六十八)
母性本能をくすぐるひと 竹村民雄さん(享年六十七)
音楽に看取られて 山手八郎さん(享年六十六)
施餓鬼供養
きぼうのいえをやめたくなった夜
生きてきた街で最期のときを 田代晴一郎さん(享年八十三)

エピローグ 名もなき人が礎となって
あとがき

新書版刊行にあたって――あれからの「きぼうのいえ」

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:北村 健太郎
UP: 20120418 REV:
老い  ◇ターミナル・ケア,ホスピス  ◇ホームレス/寄せ場  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)