>HOME> BOOK

『繋がりと排除の社会学』

好井 裕明 編 20051225 明石ライブラリー86(明石書店),340p. 2,940


 作成:植村要*/青木慎太朗
 *http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/uk01.htm
このHP経由で[amazon][boople][bk1]で購入していただけたら感謝。

■好井 裕明 編 20051225 『繋がりと排除の社会学』,明石ライブラリー86,340p. ISBN:4750322547 2940 [amazon][kinokuniya] b

■目次

序章 日常的排除の現象学に向けて 好井裕明 13
 1 日常的排除というテーマ 13
 2 「普通」の権力を考える 17
 3 「おびえ」「おそれ」という排除 25
 4 「繋がり」の模索、その可能性へ 32

第1章 いかにして「ふつう」の外見に駆り立てられるのか? トランスジェンダーにおけるまなざしの力を例に 鶴田幸恵 37
 1 はじめに 37
 2 「ふつう」の外見であることと「変」な外見であること 40
  (1)「ふつう」ではない/「変」だとまなざしまなざされることは「差別」現象なのか? 40
  (2)「端的な女の外見」をしていないことに対するサンクション 43
 3 他者のまなざしに促される「パス」の追求 45
 4 「ふつう」ではない/「変」だというまなざしの作用 49
  (1)女装だとまなざされることの回避 49
  (2) “中途半端”な外見に対する性別を推し量るようなまなざしの回避 55
 5 終わることのないパスという実践 61
 6 「十分/不十分」から「完全/不完全」へ 66
 7 おわりに 73

第2章 「クレイム申し立て」としてのインタビュー  顔にあざのある女性の「問題経験」をめぐる語りから  西倉実季 77
 1 はじめに―不適切な語り? 77
 2 問題経験の語り―「ハンデ」としてのあざ 81
  (1)人の視線にさらされる 82
  (2)就職が困難である 84
  (3)恋愛・結婚の際にネックになる 86
 3 否認される問題経験 89
  (1)社会学におけるリアリティ定義に関する議論 90
  (2)Bさんの問題経験はいかに受けとめられたか―リアリティ定義の齟齬 91
   @人の視線にさらされること 92
   A就職が困難であること 93
   B恋愛・結婚の際にネックになること 95
 4 問題経験はいかに語られたか―インタビュー過程の検討 97
  (1)気になるやり取り 97
  (2)ある推論から 100
  (3)調査者の行い/語り手の意図 105
   @美醜の問題への言及 105
   A語りの標準化 107
 5 おわりに 110

第3章 おびえる日本社会、凝固化する在日朝鮮人問題 あるビデオドキュメンタリーを素材とした“超・メディア社会学”の試み  倉石一郎 117
 1 序論 117
 2 一九九六年五〜六月―初めての視聴、さっそく講座の企画に使う 119
 3 解読 120
  (1)作品のオープニング―誰が至高のナレーターなのか? 122
  (2)挿話T・一九九五年一二月・神戸―登場人物たちと出会いそこねる 131
  (3)見られることなく見続ける「第二のカメラ」 132
  (4)ジャーナリストの矩を超える―そのとき何が起こったか? 135
  (5)挿話U・一九九六年九月―舞台の高校を訪ね、「先生」と会う 141
  (6)心臓部=「教室」へ 142
  (7)挿話V・一九九六年冬〜一九九七年夏―始まった「同窓生たち」とのつきあい 151
  (8)作品の後半部―「親密性深化の物語」への傾斜 153
  (9)再び、不同意の「映り込み」 159
  (10)裏切られた予定調和 163
 4 後日譚 168 
  (1)一九九八年 168
  (2)一九九七年秋〜一九九九年春 169
 5 結論 171

第4章 宿泊拒否事件にみるハンセン病者排除の論理――『差別文書綴り』の内容分析から 蘭由岐子 175 cf.ハンセン病
 1 宿泊拒否事件と『差別文書綴り』 175
 2 相互行為としての「差別文書」 180
 3 『差別文書綴り』を読む 182
  (1)書き手の自己類型化―匿名化による所属カテゴリーの表示 182
  (2)書き手によるハンセン病者カテゴリーの構築 184
   @乏しい「知識の源泉」にもとづく構築 184
   A病気の知識とハンセン病者像 188
   B温泉ホテルという場とハンセン病者像 193
   C税金によって生活している者 196
  (3)行政への批判 202
 4 むすびにかえて―排除と差別の地平 205

第5章 スポーツする日常にある性差別 サーファー・コミュニティヘのフィールドワークから  水野英莉 215
 1 はじめに 215
 2 先行研究と調査方法 217
  (1)先行研究 217
  (2)サーファーとの出会い 220
  (3)私のフィールドワーク・メソドロジー 222
 3 スポーツすることの日常―サーファーの場合 223
  (1)コンペティターからエンジョイ派まで 223
  (2)一日のスケジュール 224
  (3)仲間関係の構築 227
  (4)ライフスタイルとしてのサーフィン 230
 4 サーフィンする日常にある女性排除と差別の実践 233
  (1)限定された資源 234
  (2)女性の分断 237
  (3)男性との微妙な関係 242
  (4)欲望と快楽の優先・独占 245
 5 ふたつの性差別実践 248
  (1)「スポーツとしてのサーフィン」―生物学的根拠による実践の正当化 248
  (2)「サーフィンする日常」―関係性のなかで行われる実践 253
 6 おわりに 254

第6章 「ひきこもり」に関わる人々が“現場”に居続けるための実践 石川良子 205
 1 はじめに―“現場”にいることを許される者は誰か? 265
 2 “当事者/非・当事者”という境界の曖昧さ 267
 3 考察の対象 270
 4 当事者との同質性と異質性のバランス 272
  (1)“同じだけど違う”という語り方 272
  (2)やはり当事者とは“違う”―“履歴書の空白”という問題 277
 5 “ひきこもっている彼ら/ひきこもっていない私”という線引きの無効化 281
 6 当事者をサポートする立場で“現場”に居続ける難しさ 289
  (1)職業的にサポートを行っている人々の語り 289
  (2)職業としてではなくサポートを行う人々の語り 295
 7 おわりに―そして最初の問いへ 301

第7章 〈繋がり〉の再編 スティグマ論を起点として  宮内洋 305
 1 はじめに 305
 2 繋がらない個人 308
 3 〈繋がり〉のモデル 313
 4 〈繋がり〉の意志 318
 5 〈繋がり〉を促す存在 326
 6 おわりに 332

あとがき 339


UP:20070504
BOOK 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)