HOME > BOOK >

『精神科看護のための50か条』

中沢 正夫 20051216 萌文社,166p.

このHP経由で購入すると寄付されます

中沢 正夫 20051216 『精神科看護のための50か条』,萌文社,166p. ISBN-10: 4894910942 ISBN-13: 978-4894910942 1400+ [amazon][kinokuniya] ※ m.

■広告

内容(「BOOK」データベースより)
よい看護ができずに、イライラしたりやる気をなくしかけている看護師に贈る「読んで、元気が出る本」。「看護は、すぐれた『人間学』だ」という著者が、精神科看護における現象の見方、判断の仕方、本質の見ぬき方、援助の組み立て方などを50か条にまとめた看護者必携の書。
内容(「MARC」データベースより)
「看護は、すぐれた「人間学」だ」という著者が、精神科看護における現象の見方、判断の仕方、本質の見ぬき方、援助の組み立て方などを、50か条にまとめた、看護者が読んで元気が出る本。

■目次

精神科看護の光と影
申し送りについて
何はなくともケース・カンファレンス
たえず立場を逆転させてみる
違いのわかる看護師と同じのわかる看護師
タテ並びとヨコ並び
同じ目の高さと同じスピード
記録について
投薬について
夜勤について
〔ほか〕

■引用

 「終わりに
 この五〇か条は、入院場面を想定して書いてありますが、そこに流れる理念は、外来や、デイケアでも共通なものです。一六条、四二条でも述べていますが、近年、入院医療の一番の様変わりは、入院期間の短縮です。[…]<0613<[…]ごく近い将来、入院は、その人の長い治療歴のごくごく短い一時期を担当するにすぎない時代が来ます。精神医療大変革の嵐が近づいてきています。それに、そなえて、<0164<院内看護は外の患者の動きをみつめ支援することを今のうちにやっていくべきです。どんな時代が来ても、この五〇か条に流れる現象の見方、判断の仕方、本質の見ぬき方、援助のくみたて方などは十分、役立つはずです。なぜなら、看護は、すぐれた「人間学」だからです。」(長沢[2005:163-165])

 「本書は『精神保健と看護のための一〇〇か条』に収録されている「精神保健のための五〇か条」と「精神科看護のための五〇か条」の内容を改訂すると同時に、それぞれを分離して、新版として発行することになりました。
 なお『精神保健のための五〇か条』については、本書にある「終わりに」の趣旨に基づいて、追って新版として発行する予定です。」(長沢[2005:166])

UP:20110724 REV20110907
中沢 正夫  ◇生活臨床  ◇精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)