HOME > BOOK >

『私も入りたい「老人ホーム」』

甘利 てる代 20051210 日本放送出版協会,253p.

last update:20101228

このHP経由で購入すると寄付されます

■甘利 てる代 20051210 『私も入りたい「老人ホーム」』,日本放送出版協会,生活人新書,253p. ISBN-10:4140881666 ISBN-13: 978-4140881668 \777 [amazon][kinokuniya] ※ a06 t02

■内容

内容(「BOOK」データベースより)

「姥捨て山」よ、さようなら!「老人ホーム」といえば、暗い・冷たい・病院みたい…という印象を抱く人も多い。だが、高齢者・利用者の心に徹底的に寄り添い、温かく家庭的な「老人ホーム」をつくってきた人たちがいる。本書は、宅老所や小規模多機能ホームと呼ばれる、「老いてもぼけても安心して過ごせる高齢者の居場所」を紹介。自分や家族の老後を心配している、そんなあなたのまちに、真心あふれる宅老所はありますか。

内容(「MARC」データベースより)

居心地の良さを追求した老人ホームとはいかなるものか。宅老所や小規模多機能ホームと呼ばれる、「老いてもぼけても安心して過ごせる高齢者の居場所」を紹介。入居者の声を反映した新たなホームのモデルを探る。

■目次

第1章 このゆびとーまれ
第2章 元気な亀さん
第3章 宅老所あいあい
第4章 みんなの家
第5章 花時計
第6章 生活リハビリクラブ きらら
第7章 いい施設を見つける方法

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:永橋 徳馬
UP: 20101228 REV:
ターミナル・ケア,ホスピス… 老い  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)