HOME > BOOK >

『社会運動ユニオニズム――アメリカの新しい労働 運動』

国際労働研究センター 編著 20051120 緑風出版,379p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■国際労働研究センター 編著 20051120 『社会運動ユニオニズム――アメリカの新しい労働 運動』,緑風出版,379p. ISBN-10: 4846105180 ISBN-13: 978-4846105181 [amazon][kinokuniya]

■内容(「BOOK」データベースより)
労働運動の低迷と社会的影響力の後退、組織率の低下など労働運動の危機が叫ばれて久しい。アメリカ労働運動のニューボイスの登場とアメリカ労働総同盟・産 業別労働組合会議(AFL‐CIO)でのニューボイス派の勝利、そして運動の昂揚と分裂に至る理論と実践を総括。社会運動ユニオニズムとしての新しい労働 運動の可能性を提起する。

内容(「MARC」データベースより)
アメリカ労働運動のニューボイスの登場とアメリカ労働総同盟・産業別労働組合会議(AFL-CIO)での勝利、そして運動の昂揚と分裂に至る理論と実践を 総括。社会運動ユニオニズムとしての新しい労働運動の可能性を提起。

■国際労働研究センター
 http://www7a.biglobe.ne.jp/~ctls/

■目次


[1] 国際労働研究センター10年:一つの軌跡 ―新しい運動潮流にひきつけられて―

第1部 ニューボイスの歴史的位置
[2] アメリカ労働運動の展望
[3] 米国における労働運動の危機と新しい国内・外交政策の模索

第2部 グローバル化の下での労働運動の戦略
[4] グローバリゼーションと国際連帯
[5] 国際連帯の展開 ―NAFTAとその後―
[6] 経済のグローバル化に対する民衆側の運動戦略論 ―北米からの示唆―

第3部 改革派の運動
[7] UPS争議と国際戦略 ―非正規雇用労働者の組織化を巡って―
[8] アメリカにおける生活賃金運動
[9] アメリカの移民労働者の組織化の現状と問題点
[10] ビジネス・ユニオニズムとその危機 ―米国の社会運動ユニオニズムと労働運動指導部の考察―

第4部 労働者教育の広がり
[11] アメリカにおける労働者教育の歴史と現状
[12] 大学と労働組合、NPOとのコラボレーションはどのように可能か ―アメリカにおける現状と課題から探る―

第5部 日米のつながり
[13] 「日本的経営」とアメリカの労働運動
[14] ロサンゼルス・日系ホテルの労働争議 ―現地調査をふまえて―
[15] 国際連帯から労働運動の変革を考察する ―来日したBSFとHEREのケーススタディからその可能性を探る―
[16] 深まる国際争議支援の経験 ―二つの食品関連労組の来日から―

第6部 アメリカ労働運動から学ぶ
[17] 生活賃金運動と日本の課題について考える
[18] アメリカ労働運動の活性化 ―社会運動ユニオニズムの模索―
[19] 労働組合・労働運動における平等/均等待遇 ―アメリカ合衆国のペイ・エクイティ運動の事例から―
[20] アメリカ労働運動をどうとらえるか
[21] ロサンゼルスの新しい労働運動とその社会的基盤

 あとがき
 国際労働研究センター研究会一覧
 初出一覧
 組織略称一覧
 人名索引
 事項索引


UP:20070826
アメリカの労働(組合)運動 ◇
TOP HOME (http://www.arsvi.com)