HOME > BOOK >

『今、親に聞いておくべきこと』

上野 千鶴子・藤原 ゆきえ・田島 安江 20051011 法研,173p.


このHP経由で購入すると寄付されます

上野 千鶴子・藤原 ゆきえ・田島 安江 20051011 『今、親に聞いておくべきこと』,法研,173p. ISBN-10: 4879545910 ISBN-13: 978-4879545916 \1260 [amazon][kinokuniya]

■内容

知っているようで知らない親のこと。いつでも聞けると思っていると、ある日突然親が亡くなってしまった、という経験を持つ人は多いものです。この本は、親に聞いておくべきことを聞き書きをして完成させていく、書き込み式の本です。

何を思い、どう生きてきたのか、親の歴史を知ることのできる質問事項を集めています。親の歴史を辿ることで、自分を知るための1冊です。親から見た自分について聞くことで、親を通して「知らなかった自分」が発見できるでしょう。答えが埋まっていくにつれて、この本は「親の人生」と「自分の人生」が重なり形となった、かけがえのない財産となるはずです。そして、「重要なものがしまってある場所」や「お墓のこと」など、いざという時に慌てずに済み、かつ親の希望や思いも知ることができる項目も集めました。親が豊かな老後を過ごすためにできること、準備しておきたいことも掲載しています。自分史ノートや遺言ノートなどとは視点の違う、親のことを記した、自分自身のための1冊です。

■目次 ■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:三野 宏治
UP: 20100105 REV:
家族 family  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)