HOME > BOOK >

『ネオリベ現代生活批判序説』

白石 嘉治・大野 英士 編 20051030 新評論,262p.

Tweet
last update:20170530

このHP経由で購入すると寄付されます


■白石 嘉治・大野 英士 編 20051030 『ネオリベ現代生活批判序説』,新評論,262p. ISBN-10:4794806787 ISBN-13:978-4794806789 2200+ [amazon][kinokuniya] ※ g03

■内容

[amazon]より

商品の説明


内容(「BOOK」データベースより)

市場の論理に包摂された我々のネオリベ化した日常的感性と、「生の統治」へと亢進する蒙昧なネオリベ的教義を徹底批判。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

白石/嘉治
1961年生まれ。上智大学他非常勤講師。フランス文学専攻

大野/英士
1956年生まれ。埼玉大学他非常勤講師。フランス文学、現代思想専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

序 現代―何が起きているのか?(事件―埼玉大学の「協定」と非常勤講師大量解雇
ネオリベラリズム(新自由主義)とは何か?)
本論 生活―どのような日常を生きているのか?(労働/消費―入江公康氏に聞く
心理/主体―樫村愛子氏に聞く
運動/政治―矢部史郎氏に聞く
大学/文化―岡山茂氏に聞く)
結 批判―取り戻すべきものは何か?―脱ネオリベ現代生活のための短い覚え書き

■引用

■書評・紹介

■言及



*更新:岩ア 弘泰
UP: 20061116 REV: 20170530
グローバリゼーション 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)