HOME > BOOK >

『グラムシ 獄舎の思想』

上村 忠男 20050820 青土社,295p.

Tweet
last update:20151026

このHP経由で購入すると寄付されます


■上村 忠男 20050820 『グラムシ 獄舎の思想』,青土社,295p. ISBN-10:4791762029 ISBN-13:978-4791762026 2600+ [amazon][kinokuniya]

■内容

20世紀を代表する革命家・思想家アントニオ・グラムシ。現代思想の最先端の知見によりその代表作『獄中ノート』を精緻に読み直し、20世紀思想の臨界を内側から突破して市民社会を超える新たな思想をたちあげる。

■目次

はじめに
唯物論と「反転する実践」
「歴史的ブロック」の概念をめぐって
国家・倫理社会・ヘゲモニー
“組織された生産者社会”の夢
ベネデット・クローチェあるいは“哲学の政治”について
ソレルの分断法
国民革命幻想――デ・サンクティスからグラムシへ

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:奥坊 由起子
UP:20151026 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)