HOME > BOOK >

『この社会の歪みについて――自閉する青年、病弊する大人』

野田 正彰 20050810 ユビキタスタジオ,発売子KTC中央出版,127p


このHP経由で購入すると寄付されます

野田 正彰 20050810 『この社会の歪みについて――自閉する青年、病弊する大人』,ユビキタスタジオ,発売子KTC中央出版,127p. ISBN: 4877585001 [amazon][kinokuniya] ※ m,

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
ニート、フリーターは気付いている。「正社員になれば、待っているのは奴隷労働だ」。比較文化精神医学者の、最も新しい社会分析。
内容(「MARC」データベースより)
ニート、フリーターは気付いている。「正社員になれば、待っているのは奴隷労働だ」。自閉する若者たちが、この社会を変える主体となるのは、どのようにしたら可能なのか? 比較文化精神医学者の、最も新しい社会分析。

■目次

想像力を働かせるために、知識はある
「平和学は恋愛学です」
皆の感情が、貧困化している
「ひとりっ子的」育ちかた
「自閉の遊び」
子どもの情報化
内面と外面で分裂する、若者たち
二つの世界を無意識に使い分ける
現状を追認するメンタリティ
「キレる」というスタイルは、時代的なもの〔ほか〕

■引用

 「この社会は、九〇年代、ふたつのことで失敗しています。ひとつは、ワークシェアリングに失敗している。フリーターが増える一方で、正社員には、ますます非人間的長時間奴隷労働が強いられています。営業職とか、小売業とか、全部そうです。
 もうひとつは、大国ではなく、中規模の国として、ここに生きている市民が幸福である、というプランニングができなかったこと。」(p.42)


UP:2007 REV:20090712
精神障害/精神医療文献  ◇野田 正彰  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)