HOME > BOOK >

『沼地のある森を抜けて』

梨木 香歩 20050830 新潮社,406p.

last update:20120125

このHP経由で購入すると寄付されます

■梨木 香歩 20050830 『沼地のある森を抜けて』,新潮社,406p. ISBN-10:4104299057 ISBN-13: 978-4104299058 \1890 [amazon][kinokuniya] ※ l →20081201 新潮文庫,523p. ISBN-10:4101253390 ISBN-13: 978-4101253398 \700 [amazon][kinokuniya]


■内容

商品の説明

第16回(2006年) 紫式部文学賞受賞

出版社 / 著者からの内容紹介

始まりは「ぬか床」だった。
先祖伝来のぬか床が、呻くのだ。
変容し、増殖する命の連鎖。
連綿と息づく想い。
呪縛を解いて生き抜く力を伝える書下ろし長篇。

■目次

1 フリオのために
2 カッサンドラの瞳
3 かつて風に靡く白銀の草原があったシマの話T
4 風の由来
5 時子叔母の日記
6 かつて風に靡く白銀の草原があったシマの話U
7 ペリカンを探す人たち
8 安世文書
9 かつて風に靡く白銀の草原があったシマの話V
10 沼地にある森

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:永橋 徳馬
UP: 20120125 REV:
生活 [Life]・ 生存 [Survival] 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)