HOME > BOOK >

『(見えない)欲望へ向けて――クィア批評との対話』

村山 敏勝 20050720 青土社,241p

last update:20101205

このHP経由で購入すると寄付されます

■村山 敏勝 20050720  『(見えない)欲望へ向けて――クィア批評との対話』 ,青土社,241p. ISBN-10:4409040758  \2940 [amazon][kinokuniya]

■内容

出版社/著者からの内容紹介
本書は文学を読むことの快楽と、狭い意味での性的快楽との区別を、意図的に混線させる試みである。それは、密やかであるべき性(と読書)喜びを公衆の目の前にさらけだす、あられもない自己露出の試みであるかもしれない。批評とは、プライヴェートな体験をパブリックな場に開く作業だからだ。クィア批評がいそしむのは、こうした営みである。(本書「序章」より)

■目次

1 見えない欲望を読む
セジウィックとホモソーシャル/ホモセクシュアル連続体
男と男のあいだ――『デイヴィッド・コパーフィールド』のセクシュアリティ
ジェイン・オースティンを読む兵士たち
2 プライヴァシーの亀裂と侵犯
わたしは作文を引き裂いた――『ヴィレット』と語る女性の私的領域
登場人物には秘密がない――E.M.フォースターのクローゼット
3 精神分析とクィア批評の往還
欲望はそこにある――ジジェク、コプチェク、固い現実界
主体化されない残余・去勢――ジュディス・バトラーと誤読のポリティクス
孤独なマゾヒズム―レオ・ベルサーニへの斜線

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:八木 慎一
UP: 20101205 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)