HOME > BOOK >

『認知症のケア――認知症を治す理論と実際』

竹内 孝仁 20050625 年友企画株式会社,210p.

last update:20101220

このHP経由で購入すると寄付されます

■竹内 孝仁 20050625 『認知症のケア――認知症を治す理論と実際』,年友企画株式会社,210p. ISBN-10:4823051505 ISBN-13:978-4823051500 \2800 [amazon][kinokuniya] ※ a06

■内容


出版社/著者からの内容紹介
「理由なきところに有効なケアなし」という著者の鉄則は、専門職として認知症のケアに関わるすべての人に、そして、認知症に悩む方々とその家族に「認知症が治る」ことを明らかにする。基礎理論、予防、ケアの実際のすべてがここに

内容(「BOOK」データベースより)
認知症に悩むすべての方へ「竹内理論」完全収載。

内容(「MARC」データベースより)
認知症に悩むすべての方へ。高齢社会の保健・医療・福祉における最重要課題の1つといえる認知症。認知症の例を経験し、文献や書物を読み重ねた著者の「竹内理論」完全収載。認知症の基礎理論、予防、ケアなどを詳しく解説。

著者について
国際医療福祉大学大学院教授。1941年東京生まれ。66年日本医科大学卒。東京医科歯科大学医学部整形外科に所属。83年東京医科大学リハビリテーション部助教授。91年日本医科大学教授。2004年から現職。この間、73年から特別養護老人ホーム、80年代から在宅高齢者のケア全般に関わる。92年よりイギリスのケアマネジメント視察研修を行い、現在わが国のケアマネジメントの第一人者といわれる。主著に「ケアマネジメントの職人」(年友企画)「医療は生活に出会えるか」「介護基礎学」(医歯薬出版)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
竹内 孝仁
1941年東京生まれ。日本医科大学卒業後、東京医科歯科大学助教授、日本医科大学教授を経て、2004年より日本国際医療福祉大学大学院教授。1973年から特別養護老人ホームにかかわり、おむつはずし運動などを展開。80年代から在宅高齢者のケア全般にかかわる。日本ケアマネジメント学会理事、パワーリハビリテーション研究会会長など多数の委員等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次


第1編 認知症の基礎理論
認知症が治る
なぜ認知症のケアができないのか
 T.認知症の成り立ちを理解するために
  1.認知症は脳の病気か
  2.生活全体からとらえること
  3.認知とはどのようなはたらきか
  4.認知を構成する精神機能
 U.認知症の成り立ち
  1.身体的活動性がなぜ認知に関係するのか
  2.社会関係や役割がなぜ認知症と関係するのか
  3.閉じこもり症候群
  4.孤立と孤独
 V.認知症の症状論(概論)
  1.症状のはじまり、正常と異常の境界、ある種の時系列的概観
  2.認知症の人びとの心理
  3.周辺症状はなぜ生じるか
   [周辺症状の3分類]
   [自己と状況との関係]
  4.症状の出現
   [症状出現の原因]
   [環境不適応]
   [身体不調]
    @脱水症はなぜ認知症の症状発現に関与するのか
    A便秘はなぜ認知症の症状発現に関与するのか
    B低栄養
    C急性の病気・けが
   [知的衰退]
   [周辺症状]
    @葛藤型
    A遊離型
    B回帰型
   [症状は混在する]
 W.認知症が治るとはどういうことか
  1.障害の治癒概念
  2.認知症が治る・治すことのイメージ
 X.アルツハイマー型・脳血管障害型の分類との関係

第2編 認知症の予防
 T.予防のための基本的視点
  1.寝たきりも認知症も予防は同じ
  2.予防の対処をどう設定するか
  3.予防のシステム
   @介護予防のシステム
   A地域包括支援センター
    [地域診断]
   B行政の役割
    [在宅介護支援センターか地域包括支援センターか]
    [情報提供と個人情報保護]
    [啓発活動]
  4.認知症の予防実践
   @認知症の成り立ちの視点から
   A対象をどうするか
   B閉じこもり解消と集団活動として
    [閉じこもりの解消]
    [集団活動]
    [何らかの運動を]
    [記憶力再生訓練について]

第3編 認知症のケア
 認知症が治らない・治せない理由
 はじめに
  認知症を治せない理由
   [認知症を治すケアの方法論(枠組み)]
    @基礎知識
    Aアセスメント、その正しい理解を
    Bケア実践技術
 T.認知症のアセスメント
  1.認知症の行動(症状)観察
   認知症の行動観察
  2.原因の追究
   [まずタイプ別分類]
   [認知症のタイプを知ることは他の情報の重要さを気付かせる]
   [認知症のタイプはしばしば複合する]
  3.実際的な原因追求の手順(スクリーニング)
   環境変化のチェックポイント
   身体不調型のチェックポイント
 U.認知症のケア
  1.認知症のケアの枠組み
  2.ここから始めよう―「水」「メシ」「クソ」「運動」のケア
   1)水・メシ・クソ・運動の効果
   2)ケア技術について
    @水分補給の技術
     [集団で飲む]
     [好みの飲みものを含めて]
     [食べる飲料]寒天ゼリー
    A食事の技術
     [歯の問題]
     [咀しゃくと嚥下]
     [皆でテーブルを囲んで]
     [1日に3回の食事+おやつ]
    B便秘解消
     [便秘の基準・めやす]
     [まず下剤廃止]
     [規則的な排便習慣を得るケア]
     [食物せんい]
     [その他の排便促進方法]起床時の水
    C運動
   3)水・メシ・クソ・運動の連鎖
 V.ケアの4原則
  [第1の原則―共にある]
  [第2の原則―安定した関係]
   [二重の関係崩壊]
  [第3の原則―行動の了解]
 W.タイプ別ケア(第4の原則)
  [はじめに ケアの考え方]
  [環境との関係・社会関係に役割を]
   1.知的衰退型
   2.環境不適応型
   3.身体不調型
   4.葛藤型
   5.遊離型
    [音楽療法、園芸療法、その他の各種療法]
   6.回帰型
   [付]認知症のアセスメント・ケアチャート
 X.パワーリハビリテーションはなぜ認知症に大きな効果を発揮するのか
  1.パワーリハビリテーションとはどのようなものか
   [開発の動機]
   [パワーリハのコンセプト]
   [動作性の回復―筋力神話の脱却]
   [トレーニングの負荷]
   [姿勢・フォーム・タイミング]
   [プログラム]
   [軽い負荷による運動の効果―化学物質の分泌]
   [体力の改善]
   [行動変容へ]
  2.パワーリハはなぜ認知症に効くのか
   @活動力の改善
   Aアセチルコリンの大量分泌
   B「うつ」の改善
  3.パワーリハとケア

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20101220 REV:
老い 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)