HOME > BOOK >

『内部被曝の脅威』

肥田 舜太郎・鎌仲 ひとみ 20050610 筑摩書房,206p.

Tweet
last update:20240229

このHP経由で購入すると寄付されます


■肥田 舜太郎・鎌仲 ひとみ 20050610 『内部被曝の脅威』,筑摩書房,206p. ISBN-10:4480062416 ISBN-13:978-4480062413 720+ [amazon][kinokuniya] ※ 

■内容

紹介


著者略歴


■目次

第1章 世界に拡がる被ばくの脅威
被ばくの論点;イラクの被ばく者たち
第2章 爆心地からもういちど考える
爆心地の風景;内部被曝で死んでゆく人々;被ばく者特有の症状とは何か
第3章 内部被曝のメカニズム
放射線の基礎知識;内部被曝の危険について;内部被爆の症状
第4章 被ばくは私たちに何をもたらすか
アメリカの被ばく者たち;劣化ウラン弾は何をもたらすか
第5章 被ばく体験を受け継ぐ

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:今井 浩登
UP:20240229 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)