HOME > BOOK >

『四訂 社会福祉実習』

宮田 和明・野口 定久・小椋 喜一郎・加藤 幸雄・柿本 誠 編集 20050410 中央法規出版,345p.

last update:20111106

このHP経由で購入すると寄付されます

■宮田 和明・野口 定久・小椋 喜一郎・加藤 幸雄・柿本 誠 編集 20050410 『四訂 社会福祉実習』,中央法規出版,345p. ISBN-10:4805825383 ISBN-13:978-4805825389 \2625 [amazon][kinokuniya] ※ l9sf0000 a02 e19 i05 a06 ds w03 i03j 

←宮田 和明・米沢 国吉・野口 定久・川田 誉音・加藤 幸雄 編 2002041 『三訂 社会福祉実習』,中央法規出版,第三版,321p. ISBN-10:4805821876 ISBN-13:978-4805821879 \2625 [amazon][kinokuniya] ※ l9sf0000 l9111000 19510329 m i05 r02 i03j a02 a02i  ←宮田 和明・川田 誉音・米沢 国吉・加藤 幸雄・野口 定久 編 19980320 中央法規出版,三訂版,276p. ISBN-10: 4805816732 ISBN-13: 978-4805816738 [amazon][kinokuniya]  ←宮田 和明・川田 誉音・米沢 国吉・加藤 幸雄・野口 定久 編 19940410 中央法規出版,改訂版,259p. ISBN-10: 4805812257 ISBN-13: 978-4805812259 [amazon][kinokuniya]  ←宮田 和明・川田 誉音・加藤 幸雄・野口 定久 編 19910420 『社会福祉実習』,中央法規出版,218p. ISBN-10: 4805808357 ISBN-13: 978-4805808351 [amazon][kinokuniya]

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
本書は社会福祉実習基礎教育から本格的な配属実習の指導に至るまでの、実習教育の各段階で活用できるテキストとして編纂したものである。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)
社会福祉実習生が自らの問題発見や問題解決をはかる実用的なテキスト。社会福祉を学ぶ視点や社会福祉実習の目的、福祉の動向、実習の内容等を解説。法改正による新たな動向についても記述。1991年初版の四訂版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
宮田 和明
日本福祉大学

加藤 幸雄
日本福祉大学

野口 定久
日本福祉大学

柿本 誠
日本福祉大学

小椋 喜一郎
日本福祉大学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

第T部 社会福祉実習の概要を理解する
 第1章 社会福祉実習とは何か
  第1節 社会福祉教育における実習の位置
   1 社会福祉を学ぶ視点
   2 大学教育における実習教育の位置づけ
   3 実習体験のインパクト
  第2節 社会福祉実習教育の目的と達成課題
   1 社会福祉実習教育の目的と人材養成
   2 社会福祉専門職の職業倫理
   3 社会福祉実習の達成課題
  第3節 社会福祉の専門職員養成と実習教育
  第4節 社会福祉実習の現場と実習教育
   1 社会福祉の現場と実習教育
   2 大学等が現場に期待するもの
  第5節 社会福祉実習とその他の実習との異同
   1 介護福祉士をめざす人の介護実習
   2 精神保健福祉士(PSW)をめざす人の精神保健福祉援助実習
   3 保育士をめざす人の保育実習
   4 高等学校福祉免許をめざす人の社会福祉実習
 第2章 社会福祉実習の実際
  第1節 社会福祉実習の基本的達成目標
  第2節 社会福祉実習教育の流れ
  第3節 実習に臨むにあたって
   1 実習前教育の意義・目的
   2 実習への動機づけ
   3 実習先の選定
   4 実習先決定後の事前学習
   5 実習計画書の作成
   6 事前訪問
   7 障害のある学生の実習前教育
   8 実習中の事故と保険
  第4節 配属実習
   1 実習生の基本的態度
   2 実習中の留意点
   3 セクシャル・ハラスメントへの対応
   4 自己評価
   5 実習記録・日誌の書き方
   6 巡回指導とスーパービジョン
   7 スーパービジョンの目的と進め方
   8 実習先施設・機関における指導のあり方
   9 障害のある学生の実習
  第5節 実習を終えて(実習後教育)
   1 実習終了直後に実施すること
   2 実習報告書の作成
   3 実習報告会
   4 実習評価
   5 障害のある学生の実習後教育
   6 「臨床の知」のための継続研究

第U部 社会福祉実習の現場と実習内容を理解する
 第3章 社会福祉実習現場の現状と課題
  第1節 社会福祉行政機関
   1 はじめに
   2 福祉事務所
   3 児童相談所
  第2節 高齢者福祉施設
   1 高齢者福祉の沿革
   2 高齢者福祉施設の現状と課題
  第3節 身体障害児・者施設
   1 障害者福祉施策をめぐる動向
   2 身体障害児施設とは
   3 身体障害者施設とは
   4 障害児・者の地域支援体制の整備
  第4節 知的障害児・者施設
   1 知的障害児・者施設とは
   2 主な施設の現状と課題
  第5節 児童福祉関係施設
   1 児童福祉施設とは
   2 主な生活施設の現状と課題
  第6節 医療福祉関係施設
   1 医療福祉関係施設とは
   2 医療福祉関係施設の現状と医療福祉の課題
  第7節 市区町村社会福祉協議会
   1 「地域福祉」とは、その目的
   2 社会福祉協議会の現状
   3 社会福祉協議会における専門職活動の実際
   4 社会福祉協議会の今日的課題
  第8節 生活保護施設
   1 生活保護施設とは
   2 生活保護施設の現状と課題
   3 専門職の働きと役割
  第9節 婦人保護関係施設
   1 婦人保健関係施設とは
   2 婦人保健関係施設の現状と課題
  第10節 司法福祉施設・機関
   1 司法福祉施設・機関とは
   2 司法福祉施設・機関の業務内容と専門職種
   3 少年法「改正」と司法福祉施設・機関の課題
  第11節 地域福祉型現場実習のフィールド
   1 地域福祉型現場実習とは
   2 地域福祉型現場実習のフィールドの現状と課題
   3 実り多い地域福祉型現場実習にするために

 第4章 社会福祉実習の内容と「実習計画モデル」
  第1節 福祉事務所
  第2節 児童相談所
  第3節 特別養護老人ホーム
  第4節 養護老人ホーム
  第5節 在宅介護支援センター
  第6節 老人デイサービスセンター
  第7節 身体障害者療護施設
  第8節 重症心身障害児施設
  第9節 知的障害児施設
  第10節 知的障害児通園施設
  第11節 知的障害者更生施設
  第12節 知的障害者入所授産施設
  第13節 知的障害者通所授産施設
  第14節 児童養護施設
  第15節 児童自立支援施設
  第16節 母子生活支援施設
  第17節 社会福祉協議会
  第18節 救護施設
  第19節 地域福祉型現場実習

巻末資料
 ソーシャルワーカーの倫理綱領
 関係法令通知集
 「厚生省告示第203号」指定施設及び事業
 社会福祉士の資格要件
 実習のための参考図書

索引
執筆者一覧

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20111106 REV:
社会福祉士  ◇介助・介護  ◇障害者と教育施設/脱施設老い  ◇障害学(Disability Studies)  ◇医療・福祉の仕事  ◇生活保護  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)