HOME >BOOK >

『自閉症児の教育実践――TEACCHをめぐって』

奥住 秀之 監修・東京知的障害教育研究会 編 200501 大月書店,130p.

last update:(最後に更新した日付 ex.20100502)

このHP経由で購入すると寄付されます


Tweet

■奥住 秀之 監修・東京知的障害教育研究会 編 200501 『自閉症児の教育実践――TEACCHをめぐって』,大月書店,130p. ISBN-10:4272411616 ISBN-13:978-4272411610 1500+ [amazon][kinokuniya] ※ a07. e19. m

■内容

自閉症児の教育はどうあるべきか、教師の葛藤に耳を傾け、TEACCHをめぐる誌上討論を収録した問題提起の書。

■著者紹介

奥住秀之[オクズミヒデユキ]
1967年生。東北大学教育学部卒業。東京都老人総合研究所研究員、東京学芸大学助手、同大学専任講師を経て、東京学芸大学教育学部助教授。専門発達障害心理学

■目次

第1章 自閉症ってなに?(自閉症の基本を知ろう)
第2章 悩んでいます自閉症児の教育実践(ファーストコンタクト;いつでも・どこでも・誰とでも ほか)
第3章 論争・TEACCH(TEACCHとの出会い;TEACCHに出会ったこと・学んだこと ほか)
第4章 私たちが目ざす自閉症児教育(現在の自閉症児教育、その論点;実践1・自分からのコミュニケーションを! ほか)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP: 20141216 REV: 20141216
自閉症 障害者と教育  ◇精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)