HOME > BOOK >

『民主主義への憎悪』

Rancière, Jacques 2005 La haine de la démocratie,La Fabrique
=20080707 松葉 祥一,インスクリプト,244p.

last update:20111219

このHP経由で購入すると寄付されます

Rancière, Jacques 2005 La haine de la démocratie,La Fabrique =20080707 松葉 祥一 『民主主義への憎悪』,インスクリプト,244p. ISBN-10:4900997188 ISBN-13:978-4900997189 \2940 [amazon][kinokuniya] ※ p

■内容

内容紹介
新自由主義的体制に対抗する政治を露出させようとするランシエール政治哲学の最新著。「ランシエールの著作はわれわれの持続的な抵抗のヴィジョンを一貫して示すものである」とジジェクが言うように(「ランシエールのレッスン」)、本書は現状批判に理論的基盤を与える絶好のテクストです。2005年来日時の講演およびランシエール論を含む全著作・論文書誌、訳者解説を併録

内容(「BOOK」データベースより)
不平等の拡大を条件の平等にすり替え、社会問題を脱政治化する新たな支配のイデオロギーを撃ち、資本=国家に抗する政治を露出させるランシエール政治哲学のアクチュアルな展開。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ランシエール,ジャック
1940年アルジェ生まれ。パリ第8大学名誉教授。哲学、美学

松葉 祥一
1955年生まれ。現在、神戸市看護大学教授。哲学、倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次


勝利した民主主義から犯罪的な民主主義へ
政治あるいは失われた牧人
民主制、共和制、代表制
憎悪の理由
講演 デモクラシー、不合意、コミュニケーション
訳者解説 デモクラシーとは何か
原註/訳註
訳者あとがき
ジャック・ランシエール書誌

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20111219 REV:
哲学/政治哲学(political philosophy)/倫理学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)