HOME > BOOK >

『ノーベル賞受賞者の精子バンク―天才の遺伝子は天才を生んだか』

Plotz, David 2005 The Genius Factory, Random House, New York
=20071125 酒井 泰介訳,早川書房,442p.882


このHP経由で[amazon]で購入していただけると感謝。

■Plotz, David 2005 The Genius Factory, Random House, New York =20071125 酒井 泰介訳,『ノーベル賞受賞者の精子バンク―天才の遺伝子は天才を生んだか』,早川書房,442p.ISBN-10: 4150503303 ISBN-13: 978-4150503307 882 [amazon] ※ b d/l03 0e/e01


■目次

2001年2月
ロバート・グラハム遺伝子への情熱
天才づくり
精子探偵
ドナー・コーラル
ドナー・ホワイト
ノーベル賞受賞者精子バンク有名人の誕生
のら犬一家
ドナー・ホワイトの秘密
やってみた精子ドナー
ドナー・コーラルの正体
喜びを見出したドナー・ホワイト
それでもやっぱり父は父
天才精子バンクの最期
謝辞
訳者あとがき




*作成:櫻井浩子
UP:..20080208
生殖補助医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)