HOME > BOOK >

『自由とは何か‐「自己責任論」から「理由なき殺人」まで‐』

佐伯 啓思 20041120 講談社,288p.


Last Update:20100821
このHP経由で購入すると寄付されます

■佐伯 啓思 20041120『自由とは何か』,講談社,288p. ISBN-10:4061497499 ISBN-13: 978-4061497498 \798 [amazon][kinokuniya]

■内容

出版社 / 著者からの内容紹介
イラク問題、経済構造改革論議、酒鬼薔薇事件…現代社会の病理に迫る!
「個人の自由」は、本当に人間の本質なのか?
現代の自由の問題をさまざまな視点から問い直す!
●イラク人質事件と奇妙な「自己責任論」
●アメリカのイラク攻撃が示した「自由」のディレンマ
●バーリンの「自由論」の意味
●ムーアの倫理学と相対主義
●現代の「自由」と情緒主義
●なぜリベラリズムは力を持たないのか
●偶然性を排除して出てくる「個人」
●「値する」ということ
●「自由」というニヒリズム
●「自由」の背後にある「義」というもの
●「自由のパラドックス」を乗り越えるために

内容(「BOOK」データベースより)
「個人の自由」は、本当に人間の本質なのか?イラク問題、経済構造改革論議、酒鬼薔薇事件…現代社会の病理に迫る。

■目次

第1章 ディレンマに陥る「自由」
 1 「自由」は現代でも問題なんだろうか
  「自由」に対する切実感がなくなった
  「自由論」の興盛と一般の無関心
  贅沢な時代
  自由のパラドックス
  人間の本質は「自由」なのか
 2 イラク人質事件と奇妙な「自己責任論」
  場違いな自己責任論
  国民の安全に対し責任を持つのは国家として当然
  「自由な個人」を支える「権力を持った国家」
  調和できない近代国家と市民社会
  共同体に対する個人の責任
  人間は必ずどこかの国に属しているという当り前のこと
 3 経済構造改革と過剰な「自己責任論」
  市場競争と自己責任はセットか
  「個人の自由」から見た都合のよい国家
 4 アメリカのイラク攻撃が示した「自由」のディレンマ
  アメリカの信じる歴史観
  アメリカの自由=「個人の自由」
  強制される自由という矛盾
  自由の2つの顔
  引き裂かれた自由の概念

第2章 「なぜ人を殺してはならないのか」という問い
 1 神戸の殺人事件で説明責任が転換した
  生命尊重主義に対する疑問
  「道徳」に対する「自由」の優位
  法と自由の関係
  ホッブズの考えた「近代的自由」
  国家に先立つ自由な個人
 2 功利主義でもカントでもうまくいかない
  法を守るほうが得という考え方
  功利主義の罠
  カントが考える自由
  キリスト教という権威あってのカントの議論
  自由の意味が衰弱した時代
  いま自由を語ることの難しさ
 3 バーリンの「自由論」の意味
  「支配」をめぐる2つの問題
  積極的自由
  消極的自由
  より重要なのは消極的自由
 4 「……からの自由」は何を意味しているのか
  近代的自由の基本は消極的自由
  消極的自由を積極的に弁護する
  消極的自由の積極的実現という矛盾
  「神々の争い」に「自由」を巻き込まない
  多元性と相対主義の大きな違い

第3章 ケンブリッジ・サークルと現代の「自由」
 1 ケインズとムーアとロレンス
  ロレンスの嫌悪
  19世紀の道徳原理を否定したムーア
  「善」と「正」
  友愛と美の鑑賞こそが「善の状態」
  善は直覚によってのみ把握される
 2 ムーアの倫理学と相対主義
  直覚主義を支えたエリートの自己満足
  善にまつわる愚かな社交ゲーム
  直覚主義から相対主義へ
 3 ウィトゲンシュタインとケンブリッジ
  世界とは言葉で明晰に書けるもの
  「語り得るもの」と「語り得ないもの」
  「沈黙せざるを得ない」ものこそ重要
  ムーアとウィトゲンシュタインの決定的な違い
  価値判断とは語るものではなく実践するもの
 4 現代の「自由」と情緒主義
  「事実」と「価値」の峻別からはじまったもの
  リベラリズムの根底に流れる情緒主義と実証主義
  「自由な個人」の誕生
  論理主義、実証主義批判と「言語ゲーム」
第4章 援助交際と現代リベラリズム
 1 リベラリズムはなぜ援助交際を認めるのか
  「何をやっても個人の自由」
  リベラリストと「常識」のギャップ
  「個人の自由な選択」は本当にあり得るのか
 2 現代のリベラリズムとは何か
  自由を考えるときの三つの柱
  価値に対する正義の優位
  中立的な国家
  自発的交際の論理
 3 なぜリベラリズムは力を持たないのか
  リベラリズムと近代自由観念の違い
  「価値」とは何か
  価値の相対主義の帰結
 4 古代ギリシャ人にとっての「自由」
  「善き生活」の実現
  個人の「徳」とポリスの結び付き
  「私の領域」には自由は存在しない
  自由とはポリスに属すること
 5 「アンティゴネ」の意味するもの
  「義」という「善」を超えた選択
  価値の問題の根底にある「義」

第5章 リベラリズムの語られない前提
 1 市場競争をめぐる四つの立場
  1990年代アメリカで出てきた議論
  四つのリベラリズムの相違
 2 偶然性を排除して出てくる個人
  能力だけで個人の報酬が決まる
  能力も排除した「透明な自己」
  偶然性の落差を調整する
  「確かな個人」が持つ「権利」
 3 「値する」ということ
  その人の成功に「値する」とは
  福祉主義者は主体と属性を区別する
  「値する」ものを決めるのは社会の価値観
  四つのリベラリズムが考える社会的価値観
  それぞれの「善についての構想」
  社会の価値観はあくまでも集団による選択で決まる
  中立的国家という幻想
  「負荷なき自己」もある特定の社会の産物

第6章 「自由」と「義」
 1 「自由」というニヒリズム
  自由への倦怠
  現代社会における価値の転倒
  「人それぞれ」というニヒリズムの世界
  具体的な社会から超越した自由な個人像
  現代社会で「共同の善」を見出すことは可能か
 2 「犠牲の状況」と「死者への責任」
  「犠牲の状況」をリベラリストはどう論じるか
  社会の成立には犠牲者が必然
  「悔恨の共同体」と個々の責務
  自らの偶然を引き受ける
  死こそ自由の根本条件
  自分の宿命を自覚する
 3 「自由」の背後にある「義」というもの
  生よりも大切なもの
  地位と承認を求める闘争
  自尊への欲望と自己犠牲の精神
  状況で具体化する「義」の姿
  多様な「義」を承認する

おわりに‐「自由のパラドックス」を乗り越えるために‐
 欲望自由主義の時代
 事由が自由を蝕む
 「個人の選択の自由」の背後にある「何か」
 共同社会の価値と超越的な「義」
 「自由」を多層的に論じる視点

あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:竹川 慎吾 更新:樋口 也寸志
UP:20100726 REV:20100821
身体×世界:関連書籍BOOK
 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)