HOME > BOOK

『奇蹟の医の糧 : 医学の四つの基礎「哲学・天文学・錬金術・医師倫理」の構想』

Paracelsus Das Buch Paragranum  大槻真一郎、澤元亙訳 20041110 工作舎, 236p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■パラケルスス 20041110 『奇蹟の医の糧 : 医学の四つの基礎「哲学・天文学・錬金術・医師倫理」の構想』, 工作舎, 236p. ISBN-10: 4875023820   ISBN-13: 978-4875023821 2004 [amazon] ※ b d01 t02

■内容
(出版社/著者からの内容紹介)
錬金術を医薬を製造する術・自然を理解する術として捉え、近世医学の道を拓いたパラケルスス。その思想はホリスティックな観点に貫かれ、まさに21世紀医 療を予告する。本書は、パラケルスス医学大系の古典「パラ三部作」第二弾、医術の基礎を体系的に論ずる。

(「MARC」データベースより)
ミクロコスモス(人間)とマクロコスモス(宇宙)が響き合う世界の実現に向けて、近世医学の革命的開祖が、不埒な医師達に鉄槌をくだし、本来の医術の柱と して哲学・天文学・錬金術・医師倫理を提唱した古典的名著。

■目次

序文

第一巻 医学第一の基礎:哲学
 第一章 哲学と自然
 第二章 哲学と思弁
 第三章 天と地
 第四章 偽りの哲学  第五章 真なる哲学

第二巻 医学第二の基礎:天文学
 第一章 アナトミーとカオス
 第二章 天体と人体
 第三章 天と医術  第四章 天と病気

第三巻 医学第三の基礎:錬金術  第一章 天と錬金術
 第二章 アルカナについて
 第三章 熟成の作用について
 第四章 病気とアルカナ
 第五章 結び

第四巻 医学第四の基礎:医師倫理
 第一章 医師のあるべき姿
 第二章 医師と神
 第三章 医師と医術
 第四章 結び

注釈:パラケルススの生涯 後世に残した数々のメッセージから解説
 1 『奇蹟の医の糧』執筆の経緯について
 2 「パラ三部作」について
 3 本書の内容の概観
 4 六つのキーワード







*作成:横田陽子

医学史・医療史  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)