HOME > BOOK >

『「個性」を煽られる子どもたち――親密圏の変容を考える』

土井 隆義 20040907 岩波書店,71p.

Tweet
last update:20180325

このHP経由で購入すると寄付されます


■土井 隆義 20040907 『「個性」を煽られる子どもたち――親密圏の変容を考える』,岩波書店,岩波ブックレット 633,71p. ISBN-10:4000093339 ISBN-13:978-4000093330 480+ [amazon][kinokuniya] ※ c10

■内容

[kinokuniya] より

著者等紹介
土井隆義[ドイタカヨシ]
1960年生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科助教授。社会学専攻。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

■目次

1 親密圏の重さ、公共圏の軽さ―子どもの事件から見えるもの(親密圏における過剰な配慮;公共圏における他者の不在;「つながり」に強迫された日常)
2 内閉化する「個性」への憧憬―オンリー・ワンへの強迫観念(生来的な属性としての「個性」;内発的衝動を重視する子どもたち;「自分らしさ」への焦燥)
3 優しい関係のプライオリティ―強まる自己承認欲求のはてに(「自分らしさ」の脆弱な根拠;肥大化した自我による共依存;純粋な関係がはらむパラドクス)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:永橋 徳馬
UP:20111021 REV:20180325
子/育児 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)