HOME > BOOK >

『自己肯定・自尊の感情をはぐくむ援助技法 青年期・成人編――よりよい自分に出会うために』

Deborah, Plummer 20040922 Helping Adolescents and Adults to Build Self-Esteem :A Photocopiable Resource Book, Jessica Kingsley Publishers, 270p.
=20090620 岡本正子・上田裕美 監訳/小杉恵・上利令子 訳,生活書院,261p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■Deborah, Plummer 20040922 Helping Adolescents and Adults to Build Self-Esteem: A Photocopiable Resource Book, Jessica Kingsley Publishers, 270p. =20090620 岡本正子・上田裕美 監訳/小杉恵・上利令子 訳 『自己肯定・自尊の感情をはぐくむ援助技法 青年期・成人編――よりよい自分に出会うために』,生活書院,261p ISBN-10:4903690385 ISBN-13: \2415 [amazon] [kinokuniya]

■内容
(「BOOK」データベースより)
計12のセクションに、エクセサイズを効果的に進めるためのインフォメーション・シートと書き込み式のワーク・シートを豊富に導入し、自分を尊重する気持ちを高めるための技法を提案。自分を愛しきれないすべての人びと、支援者、ファシリテーター…誰もが手にしたその日から使えるワークブック。自分自身の価値を認め、尊重し、感謝する自尊感情(セルフ・エスティーム)を高めるために。
Product Description
A healthy level of individual self-esteem is the foundation for emotional, physical and social well-being. People who value themselves and who recognise their own skills are likely to live fulfilling and rewarding lives and will tend to attract genuine liking and respect from others. Conversely, low levels of self-esteem have been linked with such personal and social concerns as school failure, depression, social anxiety, violence and substance abuse. Helping Adolescents and Adults to Build Self-Esteem follows on from the widely acclaimed Helping Children to Build Self-Esteem. It is filled with simple, practical and innovative ideas for supporting the development and maintenance of healthy self-esteem. Based on the author's clinical experience, the easy-to-use photocopiable activity sheets encourage participants to draw on existing skills and to develop new approaches to building confidence and feelings of self-worth. These exercises are suitable for work with individuals and with groups, and will prove an indispensable aid to building self-esteem in adolescents and adults.
■目次 ■著者略歴(「BOOK著者紹介情報」より)
プラマー,デボラ
子どもおよび成人の自尊感情に関するファシリテーターとして、また言語聴覚士(SLT)として英国で20年以上活躍している。現在は英国デ・モンフォート大学における講師のほか、イメージワークの実践家としてさまざまなワークショップを国内外で行っている

岡本 正子
1974年京都府立医科大学卒業。児童精神科医師。大阪市立小児保健センター、大阪府立精神医療センター・松心園、大阪府こころの健康総合センター、大阪府中央子ども家庭センターを経て、2003年9月から大阪教育大学教育学部教授。日本児童青年精神医学会認定医。日本子ども虐待防止学会評議員

上田 裕美
1998年東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。臨床心理士。東京大学学生相談所助手を経て、2002年より大阪教育大学教職教育研究開発センター講師

小杉 恵
日本小児科学会専門医、日本児童青年精神医学会認定医。子どもの心を扱う医師として、医療や福祉の現場で勤務してきた実績を持つ。現在は大阪府立母子保健総合医療センターにて、病気の子どもの心のケアについても力を注いでいる

上利 令子
1980年大阪教育大学大学院教育学専攻修士課程修了。児童養護施設、家庭児童相談室勤務を経て、2008年より行政にて女性問題の相談員として勤務している
■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:三野 宏治
UP: 20100419 REV:
生活書院の本  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)