HOME > BOOK >

『苦海浄土』

石牟礼 道子 20040715 講談社,講談社文庫,416p.

Tweet
last update:20160108

このHP経由で購入すると寄付されます


石牟礼 道子 20040715 『苦海浄土』,講談社,講談社文庫,416p. ISBN-10:4062748150 ISBN-13:978-4062748155 690+ [amazon][kinokuniya] ※ m34

■内容

工場廃水の水銀が引き起こした文明の病・水俣病。この地に育った著者は、患者とその家族の苦しみを自らのものとして、壮絶かつ清冽な記録を綴った。本作は、世に出て三十数年を経たいまなお、極限状況にあっても輝きを失わない人間の尊厳を訴えてやまない。末永く読み継がれるべき“いのちの文学”の新装版。

■目次

第1章 椿の海
 山中九平少年
 細川一博士報告書
 四十四号患者
 死旗

第2章 不知火海沿岸漁民
 舟の墓場
 昭和34年11月2日
 空へ泥を投げるとき

第3章 ゆき女きき書
 5月
 もう一ぺん人間に

第4章 天の魚
 九竜権現さま
 海石

第5章 地の魚
 塩を吸う岬
 さまよいの旗
 草の親

第6章 とんとん村
 春
 わが故郷と「会社」の歴史

第7章 昭和43年
 水俣病対策市民会議
 いのちの契約書
 てんのうへいかばんざい
 満ち潮

あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:奥坊 由起子
UP:20160108 REV:
水俣病 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)