HOME > BOOK >

『僕も恋していいの?』

千代 泰之 20040601 樹心社,213p.

Tweet
last update: 20190118

このHP経由で購入すると寄付されます


■千代 泰之 20040601 『僕も恋していいの?』,樹心社,213p.ISBN-10: 4434046535 ISBN-13: 978-4434046537 欠品 [amazon][kinokuniya]

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
19歳でオートバイ事故に遭い、首の骨を折り四肢麻痺(第五・第六頸髄損傷)となった著者によるエッセイ。
内容(「MARC」データベースより)
「障害者になって恋愛をあきらめてしまいましたが、実は逃げていただけだったのです」
オートバイ事故で四肢麻痺となった著者が、一つ一つ障害を受け入れ、どんどん世界を広げていく前向きな生き方を素直に語る。
著者略歴
(「BOOK著者紹介情報」より)
千代/泰之
1966年7月26日、栃木県大田原市に生まれる。1986年2月6日、埼玉県大宮市(現さいたま市)でオートバイ事故に遭い、首の骨を折り四肢麻痺(第五・第六頸髄損傷)となる。日本での治療・リハビリ後、アメリカに渡って治療を試みるが失敗に終わり、車椅子での生活を送っている。現在は自宅での執筆活動を中心に、日本全国で講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

1 逃げてばかりいてはいけない!(強がり、多感な時期に… ほか)
2 僕も恋していいの?
3 自分の世界を広げていこう!(行動力、至福の時 ほか)
4 ワクワクドキドキの日々(邂逅、同士―一心同体 ほか)

■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:安田 智博
UP: 20190118 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)