HOME > BOOK >

『脳受難の時代――現代医学・技術により蹂躙される私たちの脳』

山口 研一郎 20040528 御茶の水書房,393p.

last update:20111125

このHP経由で購入すると寄付されます

山口 研一郎 20040528 『脳受難の時代――現代医学・技術により蹂躙される私たちの脳』,御茶の水書房,393p. ISBN-10:4275003330 ISBN-13:978-4275003331 \2520 [amazon][kinokuniya]※ot-bg

■内容


日経BP企画
脳受難の時代
未破裂動脈瘤の予防的手術や脳死・臓器移植の問題点、高次脳機能障害を持つ患者の現状について、実例を交えながら問題点をまとめる。著者の山口氏は「現代医療を考える会」の代表を務める脳外科医。

(日経メディカル 2004/07/01 Copyrightc2001 日経BP企画..All rights reserved.)
内容(「BOOK」データベースより)
本書で扱うのは、「脳」をめぐる負の側面である。その作業は、私たちが直面する社会の現実を浮き彫りにし、今なぜこれほど多くの人々が脳(心)を病んでいるのかという問いに何らかの示唆を与えてくれるだろう。そのために「脳の受難」を表すことが、本書の最も大きな目的である。その一方で、脳を傷めつけられ差別されながら力強く生き抜こうとしている人、それを支える人々の姿をも鮮明に写し出す。「脳の受難に立ち向かう人々」を描くことも本書の主要なテーマである。

■目次


序章 老後の夢を断ち切ったメス(娘から病院への手紙
夫婦水入らずの平穏な日々 ほか)
第1章 未(非)破裂脳動脈瘤の予防的手術の現状(未破裂脳動脈瘤に関する日本脳ドック学会の見解・方針
予防的手術により死亡したり、障害を負った人々 ほか)
第2章 増え続ける高次脳機能障害(古くて新しい障害としての高次脳機能障害
高次脳機能障害のリハビリテーション ほか)
終章 脳受難の最悪の姿である脳死・臓器移植(「全臓器提供」より奇跡的に生還した女性
許してはならない小児からの脳死・臓器移植)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:竹川 慎吾
UP:20111125 REV:
臓器移植/脳死・関連文献リスト  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)