HOME > BOOK >

『座右のゲーテ――壁に突き当たったとき開く本』

齋藤 孝 20040520 光文社,光文社新書,218p.

Tweet
last update:20160315

このHP経由で購入すると寄付されます


■齋藤 孝 20040520 『座右のゲーテ――壁に突き当たったとき開く本』,光文社,光文社新書,218p. ISBN-10:4334032508 ISBN-13:978-4334032500 700+ [amazon][kinokuniya]

■内容

ゲーテが教えてくれた仕事のヒント、生き方のヒント。

■目次

1 集中する
  小さな対象だけを扱う/自分を限定する/実際に応用したものしか残らない/日付を書いておく/完成まで胸にしまっておく/実際的に考える

2 吸収する
  最高を知る/独創性などない/独学は非難すべきもの/自分だけの師匠を持つ/「素材探し」を習慣化する/使い尽くせない資本をつくる

3 出合う
  愛するものからだけ学ぶ/豊かなものとの距離/同時代、同業の人から学ぶ必要はない/性に合わない人ともつきあう/読書は新しい知人を得るに等しい/癖を尊重せよ

4 持続させる
  先立つものは金/儀式の効用/当たったら続ける/他人の評価を気にしない/異質なものを呑み込む/邪魔の効用

5 燃焼する
  現在というものに一切を賭ける/計り知れないものが面白い/感情を生き生きと羽ばたかせよ/詩的に考える/過去に執着しない/青春のあやまちを老年に持ち込むな/年を取ったら、より多くのことをする

あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:奥坊 由起子
UP:20160315 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)