HOME > BOOK >

『決断――河野父子の生体肝移植』

河野洋平・河野太郎 20040530 朝日新聞社,254p.

last update:20111125

このHP経由で購入すると寄付されます

■河野洋平・河野太郎 20040530 『決断――河野父子の生体肝移植』,朝日新聞社,254p. ISBN-10:4022579226 ISBN-13:978-4022579225 \1470 [amazon][kinokuniya]※l01

■内容


内容(「BOOK」データベースより)
つらい思いと厳しい体験を「美談」に終わらせたくない。C型肝炎、子から父への生体肝移植。臓器移植法改正への動き…。二人の視点から、現代日本が抱える大問題に迫る。
内容(「MARC」データベースより)
つらい思いと厳しい体験を「美談」に終わらせたくない…。C型肝炎、子から父への生体肝移植、臓器移植法改正への動き。政治家親子が、それぞれの視点から、現代日本が抱える大問題に迫る。

■目次


第1部 河野洋平から(「新たな生命」をもらうまで
「新たな生命」をもらって)
第2部 河野太郎から(「新たな生命」を贈る
生体肝移植のドナーとして、政治家として
現代の「国民病」C型肝炎)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:竹川 慎吾
UP:20111125 REV:
肝移植/生体肝移植  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)