HOME > BOOK >

『兵役拒否』

佐々木 陽子 20040417 青弓社,青弓社ライブラリー,201p.

last update:20040417

このHP経由で購入すると寄付されます

■佐々木 陽子 20040417 『兵役拒否』,青弓社,青弓社ライブラリー,201p. ISBN-10:4787232290 ISBN-13:978-4787232298 \1680 [amazon][kinokuniya]※s03

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
近代軍隊制度の成立以来、個人の領域にあるべき「死」を国民の義務として強要する兵役に対して、その暴力性に抗する、命令への不服従という実践としておこなわれてきた兵役拒否とはなにか。「死にたくない」という人間の原始的感情を「私情」へと転換する戦場でなされる、国家の意志に対抗する批判的なメッセージとしての兵役拒否。宗教に裏づけられた良心的兵役拒否だけでなく、生への執着や恐怖などからなされる自傷行為、失踪、逃亡などの兵役忌避までをその対象として捉えて、個人と国家との緊張関係の極限に生じる矛盾と葛藤を浮き彫りにする。人の精神の強靱と脆さをともに抱える抵抗としての兵役拒否を、世界的な視野で論理的・歴史的に検証する論考集。
内容(「MARC」データベースより)
近代軍隊制度の成立以来、個人の領域にあるべき「死」を国民の義務として強要する兵役に対して、その暴力性に抗する、命令への不服従という実践として行われてきた兵役拒否を、世界的な視野で論理的・歴史的に検証する論考集。

■目次


第1章 良心的兵役拒否を考える
第2章 徴兵制と良心的兵役拒否―ドイツの場合
第3章 東ドイツの兵役拒否―その原理と社会的展開
第4章 従軍兵士の良心的兵役拒否―アメリカ法の場合
第5章 第一次大戦期イギリスの良心的兵役拒否者―国民代表法における選挙権剥奪条項を中心に
第6章 近代イタリアの国民形成と徴兵制度
第7章 日本の徴兵忌避―生命への執着をめぐる葛藤

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:竹川 慎吾
UP:20111116 REV:
国家/国境  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)