HOME > BOOK >

『カントの自我論』

中島 義道 200404 日本評論社,346p.

last update: 20130629

このHP経由で購入すると寄付されます

■中島 義道 200404 『カントの自我論』,日本評論社,346p.ISBN-10: 4535562121 ISBN-13: 978-4535562127 \2415 [amazon][kinokuniya] ※:[広田氏蔵書] p

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
「私とは何か」をたったひとりでごまかさずに考えるための本。

内容(「MARC」データベースより)
超越論的観念論を「超越論的独我論」として読むこと、「私の身体」を機軸に据えること、知覚ではなく「想起」を世界認識・自己認識のモデルにすること。この3点を柱とした、「私とは何か」をたった一人で考えるための本。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中島/義道
1946年福岡県生まれ。1977年東京大学人文科学研究科修士課程修了。1983年ウィーン大学哲学科修了。哲学博士。現在、電気通信大学教授。専攻は時間論、自我論、コミュニケーション論。生きるために哲学を必要とする人たちを対象に哲学の道場「無用塾」を主宰している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

まえがき カントとの三七年
序章 世界は私の表象である
第1章 私は思惟する
第2章 私は存在する
第3章 私は自己を知る>
第4章 私は個人史をもつ
終章 私の表象の限界とその「そと」

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:能勢 桂介
UP: 20130629
哲学/政治哲学(political  philosophy)/倫理学   ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)