HOME > BOOK >

『市民政治再考』

高畠 通敏 20040305 岩波書店(岩波ブックレット617),54p.

last update:20120901

このHP経由で購入すると寄付されます

高畠 通敏 20040305 『市民政治再考』,岩波書店(岩波ブックレット617),54p.  ISBN-10: 4000093177 ISBN-13: 978-4000093170 \480+税  [amazon][kinokuniya]

■内容

今日の政治を担うのは誰か.市民政治の乗り越えるべき課題とは何か.60年安保以降,一貫して市民運動の第一線に立ち,その活動を展開してきた著者が, 市民政治の歴史の残した遺産を批判的に検討し,グローバル化時代の市民自治に向けた戦略を語る. 利益政治を脱却した,21世紀の希望としての市民政治――その可能性を探る.

■著者略歴

1933年、東京生まれ。東京大学法学部助手、立教大学法学部教授を経て、現在、駿河台大学法学部教授(政治学) (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

I 二〇〇三年総選挙の意味
II 市民政治の理念の歴史
III 戦後日本の市民政治
IV 日本の市民政治発展のための戦略

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:北村 健太郎
UP: 20120901 REV:
生活/生存  ◇国家/国境  ◇社会運動/社会運動史  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)