HOME > BOOK >

『愛情評論――「家族」をめぐる物語』

藤本 由香里 20040225 文藝春秋,307p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■藤本 由香里 20040225 『愛情評論――「家族」をめぐる物語』,文藝春秋,307p. ISBN-10: 4163580603 ISBN-13: 978-4163580609 \1680 [amazon][kinokuniya] ※ b f04

■著者略歴(「BOOK著者紹介情報」より)
藤本 由香里
1959年熊本県生まれ。東京大学教養学科卒。現在、書籍編集者として働くかたわら、コミック、女性、セクシュアリティなどをテーマに評論活動を行う。早稲田大学、明治学院大学非常勤講師
■内容
内容(「BOOK」データベースより)

弱い者を抱え込む装置である「家族」に生じている歪み。「私」と「社会」の緩衝地帯としての「家族」、そして親しい人々との絆のあり方を模索する。

内容(「MARC」データベースより)

弱い者を抱え込む装置である「家族」に生じている歪み。どうしてこんなに生きにくいのか。小説・映画・コミックなどを通して「私」と「社会」の緩衝地帯としての「家族」、そして親しい人々との絆のあり方を模索する。

■目次 ■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:山本 晋輔
UP: 20091215 REV:
家族 family  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)