HOME > BOOK >

『こころの病と生きる――体験者からの11のメッセージ』

若林 菊雄 編 20031210 萌文社,142p.


このHP経由で購入すると寄付されます


■若林 菊雄 編 20031210 『こころの病と生きる――体験者からの11のメッセージ』,萌文社,142p. ISBN-10:4894910616 ISBN-13: 978-4894910614  \1300 [amazon][kinokuniya] ※

■内容(「MARC」データベースより) 
体験者にしか話せないこと、体験者にしかわからないことがある…。精神の病と障害がある人たちが、病院や保健所、大学などで語ってきた思いと社会へのメッセージを収録。

■目次
発刊にあたって
推薦のことば
社会の共通理解の一助に
体験の伝達、手記の果たす役割
体験者からの11のメッセージ
僕の幻聴体験
精神障がい者の自立
だれかにはなしたくて
デイケアを利用して・人とのふれあいを通じて
体験者からのささやかな伝言
私たちの障害と自立
はじめの一歩
はじめての講演会
分裂病という生き方
ホームヘルパーさんに「してほしいこと」
私たちの心の病気と障害について
こころの病気や障害と私たちのねがい
あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:三野 宏治 
UP:20090512 REV:
精神障害/精神障害者・文献 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)