HOME > BOOK >

『環境史年表 明治・大正編 1868-1926』

下川 耿史(シモカワ,コウシ) 編 20031130 河出書房新社,445p.

Tweet
last update:20170626

このHP経由で購入すると寄付されます


■下川 耿史(シモカワ,コウシ) 編 20031130 『環境史年表 明治・大正編 1868-1926』,河出書房新社,445p. ISBN-10:4309224075 ISBN-13:978-4309224077 6500+ [amazon][kinokuniya]

■内容

[amazon]より


生活史の視点から環境問題に迫る、ヴィジュアル版「近代環境史年表」。食生活、健康、自然保護、開発・公害問題を取り上げる。明治元年(慶応4年)~大正15年(昭和元年)までの59年間を収録。

■目次

戊辰戦争で江戸、宇都宮など焼け野原
横浜に清掃業者誕生。橋、道路も清掃
ハクサイ、タマネギ、オクラが日本にお目見え
東京に開墾役所、下総(千葉県)開拓に着手
蝦夷を北海道と改称、各藩の開発始まる
ドイツで「エコロジー」という言葉誕生
大阪で農民が下肥え汲み取りの大騒動
信濃川の大工事、大河津分水工事始まる
甲府、福井など地方にも西洋式病院が開院
治水条例で河川巡視の“水役人”が置かれる〔ほか〕

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170626 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)